日めくりカレンダーのある生活

「今日はどんな一日かな❓」

と思うとき、あなたは、何を参考にしますか?

朝の星占いを要チェック?

六曜(六輝)の大安や仏滅をもって確認?

僕は、毎朝、「日めくりカレンダー」を見ます😊

例えば、本日1月4日は、「一ヶ月占い放題」の担当占い師としての出勤日。

カレンダーを見ると、十二直は「のぞく(除く)」の日であるため、困難や厄介ごとを取り除くのにベストな一日。

十干十二支は、「辛(かのと、「金」)」「牛(うし、「土」)」であるため、五行の関係では、土生金(どしょうごん、土から金属が生成される)と呼ばれる、相性の良い日。

陰陽では、「辛」も「牛」も「陰」であるため、陰極まって陽となる日。

土を掘り下げた先に、明るい兆しとなる「何か」を見つけられる日になることがわかります。

「うん、鑑定日和な良い一日♪」

これが、日めくりカレンダーから読み解ける吉凶になります。

その他、選日など、日めくりカレンダーには、生活のリズムを生み出す情報が満載✨

明治の世にあって、これらの情報が、ときの政府から、「荒唐無稽」の一言で一切カレンダーからなくなったのを、世の庶民が嘆き、「お化け暦」と呼ばれる、民間カレンダーが出回った理由がよくわかります💦

日々をなんとなく生きるのではなく、メリハリをつけるために、皆さんも、日めくりカレンダー、活用してみませんか?

カレンダーの読み解き方から、あなた個人の人生のサイクルまで。

様々な情報を日常に生かす連続講座、「啓心塾」、立春以降に開催しますので、興味ある方は、チェックいただければと☺️

※近日、詳細をアップいたします。


Leave a Reply

Your email address will not be published.