御神籤を味わい尽くそう🌟

かき曇る 空さえ晴れて さしのぼる 日かげのどけき 我こころかな

御神籤を引いたとき、大吉や小吉といったフレーズに目が行きがちですが、それ以外の要素にも、一つ一つ目を通しているでしょうか?

上記は、初卯参りで出向いた北海道神宮で引いた御神籤の歌でした。

察するに、大吉っぽい感じだなと思ったところですが、確かに大吉でした🌟


こころをすなおにし身もちを正しくすればますます運よろしく何事もおもうままになるでしょう 欲をはなれて人のためにつくしなさい


御神籤は、一般に、参拝をした後に引き、参拝時に神様に宣言したことへの、神託となるキーフレーズを読み解くものと言われています。

そのため、歌や注釈も含めて、細かい象意(象徴する意味合い)にまで、目を通すことが大切です✨

また、御神籤には、表面だけでなく、裏面にも、


過ぎたくり言、とり越し苦労、神の授けの身をやぶる

(取り返しのつかない過去に思い悩んでも、いたずらに身を損なうだけなので、ただ今日1日のことに目を向けて、正しい心で向き合えば、災いも転じて幸いとなります。)


といったメッセージが書かれていることがあります。

面倒がらずに、全てに目を通して、味わい尽くしてみることをオススメします。


Leave a Reply

Your email address will not be published.