「と」の開運の秘訣は、逃げないこと🎯

お名前には、その一音一音に、個性や才能、苦手分野を宿していることを、ご存知ですか?

例えば、「と」の音を、お名前に一文字でも持っているなら、

・俯瞰の鳥の目をもって、一から十までをしっかりと見通して、物事を決断できる安定感

というのが、持ち味になります。

企業にお勤めならば、取締役や頭取といった、重役ポジションに繋がる音。

一方で、

・トリを務める、最終決断を委ねられる

という、責任重大・最重要ミッションを果たす役割を担うことにもなります。

ゆえに、そうした、重大案件を持った人が、あなたの元に、

「◯◯大明神様‼️」

と、さながら、神社の神様におすがりするが如く、寄ってくることを、人生の避けられない事項として受け止める、器と存在感が必要になってきます。

その自覚を持って臨む…即ち、腹をくくれるかが、人生の分かれ道に。

そして、「鳥居」を司るこの音には、必要なときに必要なヒラメキが降りてくる、直感を司るエネルギーが宿っています。

その直感を、ブレなく使いこなしていけるか否かは、どれだけ、難題を前に、逃げずに向き合ってきたかが問われてくるところ。

なかなかどうして、心労の絶えない音ではありますが、社会の中で確かな地位を確立していける音でもありますので、お名前の一文字にお持ちなら、この生き方を大事にしていただければと😉

ちなみに、この音は、社会で果たす役割が大きくなるため、家庭でのことがないがしろになりがちに😓

大きな決断をくだす仕事ができるのも、家庭という土壌が整ってのことですので、仕事が忙しいときにこそ、”意識的に”家族サービスの機会を設けることを心がけましょう🌟

一生懸命、社会のために貢献した先に、熟年離婚などという、笑えない冗談な未来を迎えないために…ね😓


Leave a Reply

Your email address will not be published.