適切な距離感とは❓

人間関係で、とかく気を使うのが、その「距離感」😓

どのくらい深く関わっていけばよいのか?

独りよがりになっていないか?(それは相手が求めていることなのか?)

などは、他者との関わりでは、とかく、悩ましいところではないでしょうか❓

春夏秋冬理論の「春生まれ」の方などは、気遣い屋さんなだけに、ついつい、深入りしてしまいそうになるところでしょう😌

ただ、世の中には、”そもそも関わりにならない方が良い関係”というのがあります☪️

それを見分ける、一つの有効な方法が、四柱推命の「日干」(”日柱の天干”の略)を用いた、相性診断。

調べ方は、こちらのサイトにて。

診断の際、生年月日のうち、生まれた時間がわからない場合は、不明で大丈夫です🙆‍♂️

平たくいうと、自分の気の性質と、相手の気の性質の相性を読み解くもので、かなりの精度で、しっくりきます😉

ここで、そもそも関わってはいけない人というのが、「相性偏官」と、「相性非干合」。

前者は、いわゆる、”腐れ縁”タイプ。

なんだかんだと割に合わない想いはすれど、一度関わってしまうと、こちらからは、なかなか離れられない関係に😓

しかも、相手にとって、あなたの存在が、なんとなくイライラする原因に⁉️

そして、後者は、”ねじれの位置”タイプ。

接点もなければ、向いている方向も異なるため、関わっていると、なんとなく、お互いに疲れてしまう関係になります😥

あなたがどれだけ包容力があって、聴き上手な癒し系であっても、根本的に相性が削ぐわない相手には、あなたが関わること自体が、ストレスになりうる…ということを理解しておくと、心持ちも少しは楽になれるかなと😉

これらの相性になる組み合わせは、下記のとおりですので、参考にしてみていただければと✨

あなたの日干が甲→相手の日干が庚または辛

あなたの日干が乙→相手の日干が戊または辛

あたなの日干が丙→相手の日干が壬または癸

あなたの日干が丁→相手の日干が庚または癸

あなたの日干が戊→相手の日干が甲または乙

あなたの日干が己→相手の日干が乙または壬

あなたの日干が庚→相手の日干が丙または丁

あなたの日干が辛→相手の日干が甲または丁

あなたの日干が壬→相手の日干が戊または己

あなたの日干が癸→相手の日干が丙または己


Leave a Reply

Your email address will not be published.