「メガネ、とった方がいいですか?」の件について

先日、鑑定に出向いた際に、

「メガネ、とった方がいいですか?」

と、聞かれて、しばらく、「???」となってしまいました😓

どうやら、霊感を使って「視る」人の場合、メガネをはずす必要があるみたいで…

結論から言うと、僕はそもそも霊感とかはなく、シンプルに、「命術」(生年月日由来の固有データ)や「相術」(姓名判断)を通した読み解きをお伝えしているだけなので、鑑定中にメガネを取る必要はありません☺️

強いて言えば、最近、人相学に凝っているので、眉や瞼(まぶた)の相をみたいときに、外してもらえないかを確認することは、あるかもですが…

また、別の事例ではありますが、

「何も言わなくてもわかる人ですか?」

と聞いてくる方もいらっしゃいます。

僕の場合は、名前と生年月日が必要になります💫

この辺り、本当に、霊能力と占いの境界線、グレーなところだなと💦

心に留めておいていただきたいのは、

「視る」のではなく、「観る」のが占い🔯

という点。

なので、「占い」に出向いた際には、自身の置かれている状況について、できるだけ丁寧に伝えるよう心がけていただければ、幸いです😉


Leave a Reply

Your email address will not be published.