あなたなら、どちらを選びますか❓

占いイベント🔯で、料金設定が、

◉A鑑定士 1,000円/5分

◉B鑑定士 2,000円/20分

の場合、あなたなら、どちらの鑑定士を選びますか❓

単純な料金設定の話で考えるなら、2,000円/20分の方が、”500円/5分”相当と考えるとお得🉐

でも、実際は、札幌のチカホイベントでは、1,000円/5分の方が、売れ行きが良いことがわかりました⁉️

「なぜに🤔」

実は、先日の5月12日(日)に開催された、チカホ「占載一遇」イベントから、普段の鑑定で用いている、2,500円/15分との整合性を図るため、初めて、

◉お試し鑑定 1,000円/5分

という金額を採用してみたところで…

結論から言うと、明らかに、同じ会場で出店していた方の料金体系よりも、割高な価格になっており、

「やらかしたか⁉️」

と、かなりビビり気味でのイベント当日だったのですが、結果は、過去最高収益の一日に☺️

単純な価格比較なら、高く感じるところ…なのですが、同じ会場で、2,000円/20分で出店していた方が曰く、

「”20分も”かかるんですか❓」

と、お客様から何度か敬遠されたのだそうな💦

“20分も聴けるんだ”ではなく、”20分もかかるんだ”というのが、今時のお客様感覚⁉️

なるほど、”5分でサクッと聴ける”というのは、思いの外、このご時世では、求められている部分だったのだなと🤔

そもそものところで、占いを受ける場合、占い師さんとの相性というのがあるので、「うぅん…」と思う占い師さんの前に座ってしまった際には、中座するのは難しくなるところ😓

それを踏まえるなら、

「どこの誰ともよくわからない」

そんな占いのイベントで、興味本位にて鑑定を受けるなら、「5分という、手短な時間で聴けるなら…」という、感覚の方が、目先の価格の高い安いよりも、優先されるものなんだな…と🤔

とはいえ、少しじっくり聴きたいというニーズも、確かにあるので、

◉お試し鑑定 1,000円/5分

◉通常鑑定(ショート版)2,500円/15分

◉通常鑑定(ロング版)5,000円/30分

※延長は、いずれも、2,000円/10分

の3段構えにて、”真ん中を選びやすい”の法則に則った価格での提示は、存外、的を得ていたことがわかりました😉

もっとも、30分を選ぶ方は、本当に色々聴きたいという方で、1日のイベント出店の中では、1組いるかいないかくらいなのですが、単純に、

「30分は長いけど、15分なら…」

くらいの役割は果たしてくれます🌟

まとめると、お客様が選ぶ基準は、価格の部分だけでなく、鑑定時間の長短にも、けっこうなウェートを置いていたのだな…と☺️

付け加えて言うならば、今回は、「手相」を解禁したのも、大きな成果をあげてくれました✨

「手相」か「タロット」…というのは、必ず、受付で聞かれる占法ゆえに、どちらかを組み込んでおくのは、今後の課題…と取り組んできたわけですが、やはり、その根本的なニーズに応えられるようにしておいた意義は大きかったところで☺️

「手相を見てほしいんですが…」

と足を運んでくれた方でも、聴きたいことを尋ねれば、実際は、数秘や東洋占星術で答えられるものが多い中、手相部分も最後に加味する…の手法により、最初の受け入れ間口は、大きく広がり、

「晴明数秘術って何だろう…??」

という敷居の高さを克服できたところです😉

相手のニーズに合わせた占法を準備し、手短な時間でお伝えできる技術を磨き、リクエストに合わせた3段階の価格を準備しておく。

様々な場所でのイベント出店経験により、ようやく行き着いた境地…的な感じですね☺️

次回は、名古屋のイベントに出店するのですが、さて、この法則は、道外でも通用するのか、はたまた、さらなる一手が求められるのか…

結果のほどは、乞うご期待にて🌟


Leave a Reply

Your email address will not be published.