「天中殺って何もしちゃダメなの⁉️」と諦める前に知っておいてほしいこと🌟

天中殺や大殺界というと、何をしてもうまくいかない…的なイメージが付きまといますが、要は、この時期は、「軌道修正」がかかるときなのです。

次の12年サイクルに必要な人、もの、ことは、そのままに、必要のない人、もの、ことは、ふるいにかけられていく…みたいな🤔

本来であれば、自分自身で切るべきだった腐れ縁も、次のサイクルの障りになるなら、別れる出来事が起きる…という感じです。

つまり、この時期は、自分自身の意思や意図とは、別次元の”何か”が働いて、”軌道修正をかけられる”と理解しておくと、分かりやすいかも🤔

ならば、このタイミングで、何か新しいことにチャレンジしたい場合にはというと、天の神様にサイコロを預けて、

「この道が違うなら、然るべきサインで示してください‼️」

という心持ちで進めるとよいところなのです☺️

自分で賽を投げて、自分で出た目の善し悪しを判断して、続く一手を考えるのではなく、

“賽は投げられた”

という中で、その道を進み続けるべきか否かを、そこから起きる一つ一つの事象から、読み解いていく感じになります✨

その道が、次のサイクルに則ったものなら、驚くほどスムーズにいくし、次のサイクルにそぐわないものであるなら、石につまずいたと思ったら、ついた足を捻挫したり…みたいなことが起き、ことあるごとに待ったがかかるのがわかります。

采配は天に委ね、結果をありのままに受け止めるという気持ちがあるなら、

「どうしてもやってみたい‼️」

を試してみる価値はあるものです☺️

言い方を変えるなら、

“引き際が大事”

ということ。

「あっ、これ、違うかも…」

と、感じたなら、素直に、かつ、速やかに、引くことを意識し、行動に移すことが大切です🌟

「どうしてうまくいかないんだ‼️」

と、目の前のことにがむしゃらにぶつかっていくタイプの人は、この時期は、立ち止まることを覚えたほうが良いところです💦

このように、“意図して枠を広げていく”サイクル、即ち、

「あなたがどうしたいのか❓」

が問われるときとは、流れが根本的に異なるところではありますが、それを理解した上で動く分には、やってみたいと思うことを無理に我慢する必要はありません☺️

さて、あなたは、天中殺の時期にあって、してみたいことがある人ですか❓

もしも、あるなら、いつも以上に繊細な感受性センサーを働かせた上で、思い切って、動き出してみてはいかがでしょうか?


Leave a Reply

Your email address will not be published.