これを知ってしまったら易占がクセになる⁉️最優応用占技

易を占術に取り入れる上で、僕にとって最もハードルが高かったのが、“希望を見出す余地のない”占断結果が非常に多い点😓

この点については、占いを通して、未来への活路を見出してほしいというマイコンセプトに、真っ向から急ブレーキをかけてくるのです💦💦

例えば、”「地天泰(ちてんたい)」の上爻”が出た場合…

シンプルに、地天泰(ちてんたい)を、初爻から上爻まである6種類のうちの”上爻”として、その意味を読み解く場合、

“運気衰運で、落ちぶれ、潰れ、崩れ去るとき。統制が取れない状況。恋愛はうまくいかず、結婚は凶、望みごとは叶わず、試験は実力不足で不合格”

という結果に💦

夢も希望も、全く見出す余地がないのが、この占断方法をとった場合の特徴なのです😓

裏を返せば、ハッキリと、ダメなものはダメと出るのが、ある意味、易の最大の良さではあるのですが、僕の占術スタイル的には、

「じゃあ、どうすれば良いの?」

が示せない時点で、この占断結果のままでは不満足💦

同じような悩みを抱えている方がいるなら、「之卦(のか)」という手法がオススメです🌟

やり方は、極めて簡単で、立てた卦(メインの占断結果となる「本卦(ほんか)」)に対して、得た爻の部分の陰陽を反転させて得た卦が、「之卦」になります。

本卦が、現在の状況や運勢を示すのに対し、之卦は、それが今後どのように変化していくのかを示します。

先の事例の場合は、下記のとおりの解釈になります。

上爻にあたる一番上の陰(- -)を、陽(ー)に反転させることで、之卦として、山天大畜(さんてんたいちく)を得ます。

まず、本卦の「地天泰(ちてんたい)」について、一般的な意味合いからその解釈をとり、”物事は順調に運ぶ運気”と読み解きます。

次に、今後の見通しとしての「山天大畜(さんてんたいちく)」についても、その一般的な意味合いから解釈を得て、”腰を据えてじっくり取り組みが必要な状況になる”という意味で捉えます。

以上の観点から、

“地道な努力を怠り、現状に甘んじていると、危機的な状況へのカウントダウンが進むので、油断や慢心を抱くことなく、未来への備えをしていきましょう”

というメッセージになってくるわけです。

八方塞がりな意味にしかならなかった、最初の占断と比べると、未来に向けた”メッセージ性”が高まっているのが、この之卦をとる魅力です☺️

ライバー配信を通して、幾種類かの易の占断方法を試みているのですが、この本卦・之卦の組み合わせが、一番しっくりきているこの頃🤔

易のシュールな占断結果にアレルギーのある方も、ぜひ一度、本卦・之卦が織りなすストーリー性からメッセージを読み解くこの手法、試してみてはいかがでしょうか❓

易占いのマストアイテムといえば、これ‼️

易占いと言うのを受けたことがあるでしょうか?

陰(–)と陽(ー)の組み合わせをもって、特定の占い結果が示されるんですが、いかんせん、

「火雷噬嗑(からいぜいごう)ですね🤔」

と言われても、名前自体から、どんな意味合いなのかを想像するのが難しく、解説内容をその都度聞かないといけないのが、難点💦

僕も、最近、ライバー配信の中で、易(サイコロを使う簡便なやり方)を取り入れているのですが、いかんせん、伝え方に苦慮する日々😓

そんな悩みにも、ついに解決の糸口が⁉️

易占いの大家、高井紅鳳氏が手がけた『易占タロット』。

って、”タロット”の要素は、カード自体には全く反映されていないのですが(むしろそこはグッジョブ👍)、易の占い結果を、極めてわかりやすくビジュアル化してくれており、イメージしやすいのが素敵なところ☺️

占断の肝となる「漢字」(上図では、「噬嗑(ぜいごう)」がそれに当たり、噛み砕くという意味があります)がしっかりと描かれ、陰陽の図も網羅。

カードの質も大変良質で、文句なしの仕上がり🌟

このカードを見てもらいながらの解説であれば、ライバー配信でも、視聴者にわかりやすく伝えられるため、購入した甲斐があったなと♪

2002年に発売されたもので、販売されているところも少なく、手に入りにくいものではあるのですが、易を自身の占術に組み込んでいる方には、お勧めの秀逸品ですので、チェックしてみると良いかと😉

このカードも交えた、易占いについては、LIVE812の配信(2021年現在、毎週、火・木・土の午後9時〜11時)にてお届けしていますので、興味ある方は、配信枠でコメントいただければと✨

まだアプリインストールがお済みでない方は、こちらから👇

LIVE812の世界へ❣️

また、同アプリ内のプライベートイベントとして、2月3日(水)午後10時30分〜深夜未明まで、筆文字かなえさんとのコラボで、

「立春開運・易占い」

をお届けします。

こちらは、筆文字かなえさんの枠で、コメントを通して、僕が2021年の運勢を易で占い、それをかなえさんが、即興でメッセージアートとして仕上げてくれる企画です☺️

当日、かなえさんの配信枠のコメント欄にて、先着順で受け付けいたします。

仕上がったメッセージアートは、かなえさんのライブコマースからご購入いただけます😉(購入しなくても🆗)

参加自体は無料ですので、ぜひぜひ、ライバー名「筆文字かなえ」をフォローの上、当日、ご来訪あれ✨

2021年を味わい尽くしたいあなたへ✨

東洋占術では、立春を起点に、すべての人のサイクルが、次のサイクルへと切り替わります。

それゆえに、東洋占術における新年は、立春からと言われているわけですが、そんな2月に、2021年を駆け抜ける上でのヒント盛りだくさんの、オンラインイベントが行われます💕

日時は、2021年2月27日(土)午後9時〜11時、イベント名は、「太陽占隊さんちゃんねる48 第2回ファン交流会」(zoomオンライン参加型)に

占隊員同士がコラボして、今年の開運カラーやアイテム、メッセージを、それぞれの立ち位置からお届け😉

令和時代のテーマの一つ、”ホンモノ同士のコラボレーション”✨

その道のプロ同士の掛け算が、どんな科学変化を巻き起こすのか、ぜひぜひ、その目でお確かめあれ☺️

当日のプログラムと、参加フォームのご案内は、下記URL参照にて🌟

https://ameblo.jp/kethunder999/entry-12651686934.html

皆様のご参加を、心よりお待ちしております‼️

東洋最古の占いといえば?

東洋占術の中で最古のものといえば、「(えき)」が名乗りを上げてくるところです。

陰陽論を極限まで突き詰めていった先に見出された占術で、その後生まれる様々な占術にも大きな影響を及ぼしています。

「でも、易って難しそう😓」

確かに…僕も占い師を志して、二度、易については挫折経験が…💦

一度目は、とにかく“覚える”量が多すぎて、頭がパンク😅

二度目は、「なぜその意味が出てくるのか?」がわからずに、心が折れる…

ここでポイントになるのは、”二度目の挫折の理由”について。

例えば、易の代表的な卦(占断)の中に、次のようなものがあります。

左:山澤損(さんたくそん)、右:艮為山(ごんいざん)

右の「艮為山」については、”山”の象意が2つ掛け算されているため、どっしり構えて安定、動かざること山の如しのような意味になるので、非常にわかりやすい意味合いに。

一方で、左の「山澤損」はというと、「山」の象意と「澤(水溜り、沼)」の象意の掛け算からできているのですが、なぜに、その掛け算から、”損をする”という意味合いが出てくるのでしょう?

この素朴な疑問が残る中で、丸暗記しようとしたのが、二度にわたる挫折の原因💦

ならば、3度目の正直は…そう、どこからその意味がもたらされてきたのかについて、ようやく理解が追いついたのです🎉🎉🎉

いやはや、長い道のり末に、ついに…という感じですが、そもそも、なぜ、そこまで「易」にこだわったのか🤔というと、そこには、僕の占術体系の”穴”を埋める目的があったりします。

というのも、そもそも、”命術(生年月日から読み解く)”特化型から始まった、僕の占い師生活。

ライバー配信という、新しい活躍の場を得て、コーヒーカード、ペンデュラムと、占術の幅を拡大していったのですが、

「明日のイベント、どんな感じになるか占ってください」

そんな素朴な”吉凶”を、手軽に占えるツールがなかったことに気づかされたのです😓

その人の生年月日を聞いて、命術で翌日の運勢を出す手もあるのですが、ライブ配信のように、フラッと立ち寄るような方が多い場で、それだけのために生年月日を聞くのも…といった葛藤が💦

生年月日も個人情報なので、提供したくない方も一定数いることもあり…

そんなときに思い出したのが、吉凶がハッキリと出てくる、「易」占いだったわけです☺️

名実ともに、「三度目の正直」で、ついにモヤモヤの正体を解き明かした…までは良かったんですが、“吉凶がハッキリ出過ぎる”という、別の問題が発生😓

僕の占いは、”占いを通して、明るく元気になってもらう”がテーマなのですが、易は、このコンセプトに真っ向からバッティングする、衝撃の占い結果が多数😱

しかし、めげずに、突破口を求めて、周りの占い師さんから情報収集をした結果、その問題も、ついに、攻略の糸口を看破‼️

かくして、最近のライバー配信では、「易」も仲間入りし、今日に至ります。

そんなわけで、これまでに積み上げてきた”易との向き合い方”で得た知見をもとに、1月中は、

“易を学ぶコツ”

というのを、皆様にお伝えしていきたいと思います。

占い自体に興味はなくても、かの孔子をはじめ、様々な思想家にも影響を与えた、「学問」としての側面は、知っておく価値ある部分になっていますので、ぜひぜひ、お付き合いいただければと😉

今年の抱負は、何ですか❓

怒涛の如く過ぎ去った感のある2020年、あなたにとっては、どんな年だったでしょうか❓

僕にとっては、年度当初に立てた”全国区の占い師になる“の野望が、一発目の京都遠征が”北海道緊急事態宣言”を受けて頓挫…😱😱😱

春夏秋冬理論にいう、3年間の”秋”(流れに身を委ねる、出来事が進むべき道筋を教えてくれる受け身のシーズン)のサイクル初検証ということで、もしかして、方向性を間違えてるのか…と、かなり焦ったところですが、結果的には、

・6月5日姫コラソン(神奈川県 ワールドポーターズ)

・8月30日姫コラソン(愛知県 ウインクあいち)

・9月22日癒しスタジアム(大阪府 天満橋OMMビル)

・10月4日第7回七色フェスティバル(埼玉県 イオンモール川口前川)

・10月25日龍仁会フェスティバル(東京都 神楽坂)

・11月1日みんなの癒しフェスティバル(東京都 産業貿易センター(台東館))

と、各地に足を運ぶことができ、所属先として、龍仁会(関東圏)に名を連ねることで、全国区への足掛かりを得ることもできました☺️

地元においても、札幌占術会に在籍することで、チカホを中心とした出店基盤を得て、月の3分の1は出店…と、コロナ禍の間隙を縫いながらも、顧客層の拡大を図ることができた次第です💕

さらには、夏ごろから、太陽占隊さんちゃんねる48の”ブルー”担当として、YouTube、インスタライブをはじめ、LIVE812のライバー配信もフル活用して、全国区でのファン獲得に繋げることができたところです😎

ライバー配信という新たな境地への模索の過程で、コーヒーカード、易占い、ペンデュラムと、新占術への造詣を深めることができ、さらには、日本手相能力検定1級合格💮と、既存占術もさらに充実🌟

コロナの影響で、カフェ開催が難しくなった占い教室の啓心塾も、オンラインzoomへの転身を果たし、無事にこの1年を乗り切ることができました☺️

2020年は、九星気学では”電光石火”の「三碧同会」、数秘では「1(何を始めますか?)」の年まわり。

やれる限りのことはやり尽くして、2021年にバトンを渡すことができたところです❣️

それらを踏まえた上で、12年サイクルは、いよいよ、11年目の”受容と勉強”「秋2年目」に突入💨

九星気学では、”安定と繁栄”の「四緑同会」、数秘のサイクルは、波乱含みの「11」へと移行。

察するに、“予期せぬ出来事”に翻弄される1年を迎えるところなのですが、今年のテーマは、

「油断せず行こう

2018年から3年間をかけて、占術の下地は整ったところですが、お客様からのあらゆるリクエストに即答できるよう、メジャー占術の完全網羅を目指します。

具体的には、最後まで先送りし続けてきた「タロット」を占術に加えるのを念頭に、インド占星術や紫微斗数など、これまで手を伸ばしてこなかった占術にも、造詣を深めていくのが目標✨

プロフェッショナル占い師としての集大成を、ここで極めることをベースに、啓心塾や手相講座、ライバー配信、イベント出店は、昨年同様のペースで行っていきたいなと🤔

コロナの動静次第ではありますが、昨年は見送った、

“占い師と行く台湾開運ツアー”

も、今年の秋ぐちには決行できたらな…と画策中です。

太陽占隊さんちゃんねる48の活動も、YouTubeベースから、リアルイベントへの出店にシフトしていきます。

そして、こちらのホームページは、2020年はイベント出店情報がメインになってしまいましたが、2021年は、算命学や易、数秘術など、人生にすぐに役立つ情報を重点的に発信していきます😎

なんだかんだと、今年も忙しくなる予感しかありませんが、

“いつも新しい”

を矜持に、2021年も駆け抜けていきますので、温かい目で見守っていただければ幸いです☺️

最後になりますが、今年唯一の、決意を固める”火のグランドトライン”(強運日)が、1月2日夕方〜3日早朝まで、この星に支援のエネルギーを送り込んでくれています。

そんな中にあって、

「あなたは、どのような所信を表明しますか❓」

2020冬チカホ占パークに出店✨

チカホの冬の占いイベントに出店決定🌟

札幌占術会主催の2ヶ月に一度のチカホイベント、今回は、様々な占術を持つ絢爛豪華なフルメンバーが出揃います💕

あなたのお悩みにあらゆる角度からお答えできる鑑定陣営でお届けするイベント😉

来年に向けての方針や、方向性を再確認する意味合いでも、ぜひぜひ、足を運んでいただければと🌟

来場者の方には、素敵なプレゼント企画も…⁉️

師走の買い出しついでに、ぜひお立ち寄りあれ❣️

第2回占い配信リレーに参戦🌟

かねてから配信している、LIVE812のライバー活動ですが、このたび、アプリ内のライバー有志によるイベント、「第2回占い配信リレー」に参加することになりました✨

同アプリで活動している占い師さんが、ほぼほぼ、全員集合で持ちネタを披露していきます💕

様々な占術を観れる貴重な機会でもありますので、ぜひ、遊びなきてみていただければと😉

ライバー配信は、太陽占隊さんちゃんねる48、ブルー担当の「新人🔰ケイシンダー」で登録しています☺️

フォローいただければ、配信開始の通知が届くようになりますので、未フォローの方は、この機会にぜひ😉

アプリインストールがお済みでない方は、下記からアプリをダウンロードの上、自身のアカウント登録をお済ませいただければと☺️(視聴自体は無料でご覧いただけます✨)

👉LIVE812の世界へ❣️

#LIVE812 #ライバー #占い配信リレー #ケイシンダー

合格通知、キタ〜〜〜ッ❣️

夏に受検した日本手相能力検定1級の結果が届き、無事に受かってました😭😂🤣

「手相鑑定士」としての在り方が問われる1級の問題、自己採点では合否が掴みかねていただけに、受かってて本当によかった🤣

コロナの間隙を縫って、大阪まで出向いたかいがありました💕

祈願に出向いた大鳥大社にも、お礼参りに出向かねば⁉️

そしてそして、合格記念イベント、「手相祭り」を開催します✨

第1弾は、「手相写メ鑑定」のモニター企画から😉

これまで、手相については、対面鑑定しか実施してこなかったのですが、写メによる鑑定をお試しで開始することに❣️

モニター価格1,000円、先着10名で募集いたします💫

ご希望の方は、公式LINEアカウントにて、「写メ手相鑑定希望」のメッセージを送っていただければと😉

公式LINEアカウントに未登録の方は、こちらから💕

続いて第2弾は、チカホなど、イベント出店にお越しの皆様に、特別価格1,000円/15分にて、手相&指紋鑑定をお届けします⁉️

手相にも、「指紋鑑定」というのがあるのをご存知ですか❓

手の線ばかりでなく、指紋パターンの組み合わせにも、運気の設計や個性が現れるものなのです✨

左右それぞれの指紋パターンを比較することで、人生の変遷を読み解くことができますよ💕

特別価格でのご提供は、2020年11月末まで💨

イベントのご案内は、公式LINEアカウントから💁‍♂️

さらに、第3弾は、3夜連続インスタライブにて、知ってて得する手相マメ知識を大公開✨

11月20日〜22日、各日午後8時00分〜午後8時30分まで💫

アカウント名「ケイシンダー(@keishinder)」にてお届けしますので、ぜひフォローあれ☺️

本年最後の東京遠征✈️

先日は、東京で開催された、龍仁フェスティバル in 神楽坂に出店🌟

東京にお引越ししたクライアントさんほか、多数の方にご来訪いただきました☺️
出店者の方の販売品、アメジストのペンデュラムに一目惚れ😍 原石のゴツゴツ感はそのままに…というワイルド仕様😎 今後のメニューに、ついにペンデュラムを使ったダウジングが⁉️

色々と実りある遠征だったのですが、一息ついたら、再び東京へ✈️

コロナの影響で、出店者は抑えめではありますが、多数の名のある方々が出そろうイベントです☺️

会場内ブースで開催されるスタンプラリーの抽選企画も、豪華景品が多数⁉️

景品の内訳はこちらの投稿を参照にて😉

年内の遠征は、名実ともに、これが最後になりますので、ぜひ、足を運んでいただければと😉

関東方面にお友達がいらっしゃる方は、ぜひ、シェアあれ💫

道外遠征も残すところあと2回❣️

さきの埼玉県のイオンモール川口前川で行われた、なないろフェスティバル、お陰様で、多数のお客様に恵まれて、大盛況でした💫

そちらで繋がったご縁で、「龍仁会」という関東圏の占術会に所属することになり、東京神楽坂のイベントに出店が決まりました☺️

「龍仁フェスティバル in 神楽坂」

2020年10月25日(日)10時30分〜17時30分 神楽坂 多目的レンタルスペース 香音里〜Kori〜

👉ブログ記事

そして、年内最後のイベントは、こちら💁‍♂️

コロナ禍の直撃を受け、なんだかんだとありましたが、愛知県(名古屋)、神奈川県(横浜)、大阪府、埼玉県ときて、最後とは東京にてグランドフィナーレ。

我ながら、今年の当初に思い描いたプラン、キッチリ走り抜けることができて、何よりだったなと😊

東京方面にお住まいの方は、ぜひ、この機会に、足を運んでみていただければと😉

また、東京方面にお友達のいる方は、イベント情報、シェアいただければ幸いです✨