高級スーツを着れない理由は◯◯◯◯⁉️

あなたは、高級スーツというと、どんなブランドを思い浮かべるでしょうか?

僕は一つも思い浮かべることができません😓

なぜなら、

“高級スーツアレルギー”

だからです😓

というと、誤解を受けそうなので、フォローしておくと、実は、僕、羊毛アレルギーな人なのです💦

「それと高級スーツに、何の関係あるの❓」

と、あなたは思われるかもしれません。

そんなあなたに問いましょう、

「高級スーツに使われている素材といえば、何ですか❓」

答え:羊毛100%

「詰んだ…(遠い目)」

それがアルパカだろうと羊だろうと、着れないものは切れないんです😭😭😭

この話をすると、よく、店員さんから、

「直接肌に触れる部分には、羊毛は使ってませんから💦」

とのお言葉をいただきますが、ハッキリ言って、何のフォローにもなっていません😥

なぜなら、着用して動けば、表面の小さな毛は大気中に舞い、それを呼吸器で吸い込むことで、アレルギー症状に繋がるからです😓

触れなければ良いという問題ではない辺りが厄介なところなのです💦

付け加えるなら、袖口の部分は、どうしても、手首に接触するため、結局、NG🙅‍♂️

かつて、公務員だったときも、1週間くらいは、頑張れば着れるけど、それ以上は、確実に体に症状が出るため、

「二着で◯万円、替えズボン付き🌟」

みたいな、羊毛成分50%以内くらいの商品しか、物理的に着れないのが、切なかったところで…

まぁ、これの良いところは、高級スーツを欲しいとも思わないので、無駄な出費が省けることでしょう。

芳しくないところは、冬場に着れるものが限られること😓

よく、ニットのセーターとかが絶対似合いますよ❗️と力強く言われるんですが、

「着れないものは着れないんですッ‼️」

と😭😭😭

オシャレ感を求めば求めるほどに、冬物はシンドさが増すのは、本当に、なんだかなぁ…と思うわけで。

しかし、ここで、世は、ポスト平成の時代へ。

皆が良いというものがウケる時代から、「パーソナル・ブランディング」のファッションに注目が集まる世の中がやってくるのです🌟

これまでも、価値観の多様化に合わせた、個人向けのパーソナルアドバイザー的なことをお仕事にされている方はいらっしゃったと思いますが、それが、いよいよ、一つの職種として成り立つ時代へ。

要は、個人事業主が、個別に、パーソナル・ブランディング(ファッション)アドバイザーを付けるのが当たり前になってくる…と🌟

そして、そこには、「共感力」と「同情心」のキーワードがもりこまれるため、僕のような、アレルギーがあって、高級スーツがダメな人でも、こうしたアレンジや着こなしがあれば、ビジネス向きなオシャレ感が出せます…的なサービスが、きっと生まれるはず✨

あるいは、服の素材のデータベース化を図り、自身のアレルギーの調査結果との照合により、どんなブランドのものをどこで買えばよいかがわかるシステム…とか🧐

ポスト平成時代は、顧客リストを用いた繋がりの部分も、より、クライアントとの密接な関係性が、収益に繋がっていくところでもあるため、個に特化したブランディングに繋がるサービスは、僕の中では、注目株だったりします🌟

というか、切実に求めてます‼️(優良顧客がここに一名…)

あなたがお相手する方が、どんな悩みを抱えていて、どう解決の道筋をつけてあげられるのか❓

どんなビジネスでも、基本になる部分ですが、今後は、「世の中の多くの人の悩み」ではなく、「その人自身の悩み」にどこまで寄り添えるかが、一つの突破口になっていくのが、ポスト平成のホロスコープが示す傾向です✨

ピンときた方は、ぜひ、新しい時代に見合うサービス、作り上げていっていただければと思います🌟

ちなみに、この話、「2019年の強運日を掴め」講座の資料作りをしてるときに、ふと思いついて、記事にしたものです。

この講座では、時代がどのように移り変わるのかの解説に加え、各業種別の「ここがポイント」も解説いたします。

自分の業種の気になる今後の展望と、着目点、ぜひ、講座の中で、ご確認いただければと🌟

講座のにはまだ若干名の枠がありますので、お申し込みはお早めに‼️

※お申し込みは、こちらから。

「今年が50年に一度の幸運機‼️」と言われたら、あなたならどうしますか⁉️

先日、とある占い師さんとの会話の中で、

「占い師さんに「今年は50年に一度の幸運機」と言われたのに、彼氏できなかったんですよ!という女性がいてですね…😓」

ってな話があり…

その女性は、その占いをしてくれた人の占術に不満ありげだったとのことなんですが、僕がその話を聞いて思ったのは、

「えっ⁉️50年に一度のビッグチャンスを逃したんですか😱😱😱」

あまりの衝撃に、思わず絶句😓

その「50年に一度」が、どんな術式由来のものなのかは、定かではないのですが、そこまで言い切ったのなら、相応のチャンスの年だったのでしょう😉

50年に一度なら、おおよそ、もう二度と巡ってくることはないであろう、そのチャンスを、まさかフイにしたとは…というのが、正直な僕の感想でした💦

俗にいう、「強運期」や「好機」というのは、そのタイミングが来たからといって、待っていても、棚からボタ餅のように、幸運な出来事が降ってくるわけではありません。

あなたの「行動」に対する、「結果」が、然るべき流れにのったものとして、現れてくるものなのです🌟

その彼女が、どんな行動を起こしていたのかは、定かではありませんが、惜しいことをしたものだな…と😓

僕の中では、「運」というのは、ある意味、「フラグ」のようなものだと思っています。

「近いうちに不幸なことが起こりますよ‼️」

と言われると、「不幸フラグ」が立ってしまい、俗に、「不幸予測は当たる」という、業界用語があるくらい、「何か」が起きやすくなります😥

裏を返せば、「開運フラグ」もまた成り立つということで、

「今年は、後顧の憂いなく、全力でやりたいことができる年ですよ‼️」

と言われると、「実現フラグ」が立つわけです。

占い師さんのお役目は、いかに、このフラグの可能性を、的確に読み解き、それを生かす道を照らせるか…が、とても大事だと思っています。

さきの「50年に一度の好機」なんて話が、もし、本当に視えたなら、僕なら、全力で、いつのタイミングにどんなことをして…などを、ガブリ四つで詳しくお伝えし、なんとしても、そのチャンスを掴んでもらおう‼️と、言葉の限りを尽くして、説明していたんだろうなと☺️

とはいえ、「行動」を起こせるか否かは、相手次第😉

相手をコントロールすることは、占い師の領分ではない(と僕は思っている)ため、フラグを回収できる人もいれば、できない人もいるのは、やむなしなところ…💦

どれだけ、その「フラグ」に、リアリティを感じてもらえるように伝えられるか❓というのも、占い師の大事な資質の一つだな…と思うこの頃です。

あなたの2019年は、どんな年ですか?

開運フラグを一つでも多く回収できる一年でありますように✨

決意が促される強運日🌟

本日、2019年1月22日は、西洋占星術にいう、「火のグランドトライン」の真っ只中に当たる日🔥

即ち、あなたの「意志」を固めるのに適した強運日になります💫

「2019年のあなたの野望は、何ですか❓」

ずっとやりたいと思っていたこと、ちょうど今、気になっていること、思い切ってやめるかどうか悩んでいること…

自分の心根と、真摯に向き合った上で、「所信表明」をするのに、ベストな一日となります🌟

僕は、今年は、対面鑑定だけでなく、電話鑑定や、メール鑑定も充実させながら、より多くの人に、「明日へと踏み出す勇気」を届けにいく…というのを、決意したところです✨

そのための一つの方策として、先日応募した「LINEトーク占い」事務局に提出する、職務経歴書を書き上げ、先ほど、先方に送り込んだところです📩

結果はどうあれ、「宣言」と「行動」は、力強く、世の中に発信されていく日であるため、LINEトーク占い🔯に限らず、売り込んでいける芽があるところには、今後も、積極的に仕掛けていきたいなと😎

あなたは、今日この日に、何を決意し、行動に繋げていきますか⁉️

新元号予測‼️

流行ってるみたいなので、便乗してみた…的な😉

ポスト平成の時代背景を、ホロスコープや東洋占星術の知見で読み解いた上で、行き着いた新元号、それは…

「和合(わごう)」

「和」に、互いに争わず、仲良くするの意、「合」に、合わさる意をかけて、

古い時代の価値観と、新しい世の価値観が調和して、新たな時代の在りようを皆が享受していけるように…

そして、四柱推命の「干合」の概念にちなんで、新旧の価値観のぶつかり合いが、新たな価値観への変容を促し、名実ともに、新しい元号に相応しい世の中になるように…

ってな感じで予測してみました😌

皆さんは、どんな元号なら、しっくり腑に落ちますか?

第1回札幌癒しフェスタに出店🌟

2019年3月16〜17日、スタンピーズ カフェ&ダイニングバーで開催されるイベントに出店してきます🌟

占いブースのほか、マッサージや整体、ハンドメイドなど、多彩な出店者が集いますので、ぜひ、遊びに来てくださいませ♪

詳しくは、Facebookのイベント紹介ページのこちらから。

Googleカレンダーに、ボイドタイムの追加機能が⁉️

先日、たまたま知ったのですが、西洋占星術にいう、「ボイドタイム」、なんと、Googleカレンダーで表示できるという⁉️

こちらのページの右下の「+」ボタンで追加できます♪

そもそも、ボイドタイムとは…という話ですが、一般には、「月」が他の惑星からの刺激や援助を受けられなくなる、「空白の時間帯」、ムーン・ボイドタイムを指します。

この時間帯に決断して始めたことは、予想外の結果になることが多く、何か物を買ったり、契約者にサインしたりするのは、避けた方が良い時間帯とされています😌

一方で、無意識が活性化するときでもあり、真夜中にこの時間帯が訪れるなら、そのとき見た夢は、自身が普段、無意識に感じていることを反映しているため、夢判断に適しているとも言われています。

また、会議をしても、話がまとまりにくい反面、活発な意見交換がなされる傾向もあるため、アイデア出しの打ち合わせには良いところだったりします☺️

2日に1回くらいのペースで訪れるので、日常生活で、完全に避けるのは難しいのですが、「意識的に」その時間帯を認識すれば、不慮なトラブル回避率も高まるところ😉

ちなみに、僕は、太陽星座(いわゆる、星占いに言う、あなたの星座)が魚座♓️なので、もろに、無意識の世界と繋がりが深いので、ボイドタイムの影響を受けやすかったりします😓

今までは、ボイドタイムが記載されたカレンダーを活用していたのですが、今後は、アプリのカレンダーが使えるので、ボイドタイム中の不慮な出来事の未然防止に活用していきたいところです🌟

あなたのその決断、ボイドタイムの影響、受けていませんか❓

トキメキを感じたいなら、この男性⁉️

以前投稿した、結婚相手を選ぶときの参考要件、意外と(?)好評だったので、今回は、女性から見た、

「恋愛を楽しめるお相手は❓」

について。

例によって、春夏秋冬理論の生まれの属性を使いますので、診断サイトの方でご確認ください。

生まれの属性別に見た組み合わせは、下記のとおりです🌟

春生まれの女性→春生まれの男性(恋愛の機微を軽やかに楽しめます😉)

夏生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを認め合えると、熱愛カップルに🥰)

秋生まれの女性→秋生まれの男性(趣味が合えば、打てば響くようなおしどりカップルに☺️)

冬生まれの女性→夏生まれの男性(遠距離恋愛や年齢差など、障害があるほど恋心が燃え上がります😎)

最近、恋やトキメキにご無沙汰だな〜😓と感じているなら、周りの男性の生年月日、片っ端から調べ上げてみてはいかがでしょうか❓

なお、今回は、あくまで、「恋愛を楽しめる」をテーマに選んでいますので、結婚相手に相応しいかは、また別のお話というのを、お忘れなく…😉

占い師として、何を成し遂げられたら最高ですか?

独立して起業したことのある人なら、その決断をしたとき、何を成し遂げようとしていたでしょうか?

億単位のお金を稼ごうとしていましたか?

自由な時間を欲していましたか?

身近な誰かの役に立とうと思っていましたか?

そんな自分の”根っこ”の部分というのは、存外、時が経つと、忘れてしまうもの😓

例えば、僕が、これからの人生で、

「何のために占い師になったんだっけ❓」

と、ふと思うことがあったなら、それは、自分の軸がブレてきた証拠😥

自身の強みを知る、ストレングスファインダーという考え方の中には、「原点思考」という資質があります。

「そもそも」の部分を常に忘れない、ブレないチカラですが、僕の中にあるこの資質は、残念ながら、ボトム5に。

※34ある資質の中で、下から数えて五番目以内にあり、資質としてカウントしない方が良い部分なのです😓

なので、いつか、どこかで、立ち止まることがあった日のために、ここに、初心の想いを残しておこうと思います☺️

僕が占い師の道の先に見ているのは、

「皆が、共通言語として使える世の中になること」

例えば、お名前ならば、画数を気にする前に、その一音一音が持つ、強みや使命を勘案し、

「「あ」だと、アッと閃いたらすぐに動いちゃうから、長女には、落ち着きのある「お」がいいかもね✨」

みたいな会話が、ごく自然に、夫婦間で交わされる世の中。

例えば、春夏秋冬理論ならば、

「今年、夏1年目の絶好調サイクルだから、結婚、決めにいくわ‼️」

のように、自分の運気のバイオリズムを掴んだ上で、その年の生き方を選んでいける世の中。

誰もが、日常生活の中に、「生活の知恵」として、生年月日やお名前から読み解ける情報を、有効活用していけるる…

ポスト平成の時代が、そんな世の中になっていたなら、僕の占い師としてのお務めは、満了です🌟

占いに使う術式は、何も特別なものではなく、先人たちが残してくれた智恵の結晶です💫

平成の世に溢れかえった、「コーチング」やら、「カウンセリング」やら、「自己啓発」やら…そして、「占い」やら。

誰かを頼るのではなく、自身のことは自身で読み解けるようになれば、踏み出す一歩も、力強いものになると思いませんか❓

そのための一つのツールとして、占いの要素も、日常の中に取り入れていってほしいな…というのが、平成最後の年にあっての、僕の願い😌

無意識を司る星が、時代の迷い子に手を差し伸べるのも、あと数年のうちに終わります。

ポスト平成の世にあっては、

「ここに我あり」

と、自信と誇りをもって、前に進んでいける人たちが、時代を担っていきます。

一人でも多くの人が、その流れに、臆することなく、乗っかっていけるように。

一人でも多くの人が、進むべき道を見出せるように。

そして、一人でも多くの人が、自分自身の力で、人生を再構築していけるように。

「暮らしに役立つ占いの知見」、日本中に広めていきたいなと思っています✨

先日、募集をかけた、「啓心塾」も、そんな”野望”実現のための、第一歩😉

あなたも、ポスト平成の波に乗り遅れないために、新たな物差しと価値観、手にしてみませんか?

啓心塾へのお申し込みは、こちらから。

パートナー選びは、「当たりをつける」ことが大事🌟

あなたは、パートナーを選ぶとき、どんな要素を気にかけますか❓

容姿や経済力、趣味の一致や人柄など。

その要件となりうるものには、様々あるかと思いますが、それゆえに迷い、その一歩を踏み出せずにいませんか⁉️

お付き合いを始める前に、様々な要素を勘案しすぎると、往々にして、そもそもお付き合いが始まらないジレンマに陥りがちです😓

かといって、なりふり構わなければ、「んっ⁉️」と思う相手を引き当ててしまう確率も高まります😭

そんなあなたに、一つ、「シンプルな物差し」を提供したいなと🌟

これまでの恋愛相談の鑑定で、一番、成約率が高かった「秘伝の…」というほどのものではないですが、「当たりをつける」のには有効な手法があるのです✨

それが、春夏秋冬理論の生まれの属性を用いる方法。

まずは、このサイトで、あなたの生まれの属性が、「春生まれ」、「夏生まれ」、「秋生まれ」、「冬生まれ」のどれに当たるかを調べてみてください。

ここで気をつけていただきたいのは、あなたが夏の季節に生まれたからといって、「夏生まれ」に当たるわけではない点です💦

あくまで、これは、その季節のイメージを持つ人という意味なので、必ず、さきのサイトで調べるようにしてください🙇‍♂️

さて、あなたの生まれの属性がわかったなら、次の相手が、ロックオン対象です🎯

春生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを気遣う優しさを忘れなければ、どんな問題も一つ一つ乗り越えていける夫婦に😌)

夏生まれの女性→夏生まれの男性(妻が、夫をいつまでも恋人だと思って接し続けると、ラブリーな夫婦に☺️)

秋生まれの女性→夏生まれの男性(苦手分野を分担し合うことで、いつまでも恋人同士のような夫婦に🥰)

冬生まれの女性→春生まれの男性(夫に尽くされて、妻は生き生きと自由に自分の人生を楽しめる関係に😉)

今回の選び方は、夫婦生活に折り合いをつけていきやすい…を目安に選んでいます。

なので、お付き合いしているときにラブラブなカップルに💓というのは、実は、想定していません🙇‍♂️

つまり、恋愛のアヤを楽しむには、少し物足りない相手に思うかもしれません💦

一方で、お付き合いを経て、信頼関係が築けると、末永く、折り合いをつけていける相手でもあるわけです😉

この生まれの属性は、相手の生年月日の情報があれば、すぐに割り出せますので、「第1要件」のフィルタリングに設定しておくと、かなりの確率で、絞り込みが可能です🌟

この話をすると、きまって、「生年月日を聞くと、警戒されないか…」と気にされる女性が多いですが、男性の場合、「相性占いに使うの」とか言われると、割とサクッと教えてくれたりします✨

※相手側に少なからずの好意があると、特に有効🌟

実際、鑑定中に、LINEでメッセージを送って確認してもらったら、すぐに返事がきたケースが多々あります☺️

あるいは、Facebookの基本情報に、生年月日を載せている場合もあるので、そちらを確認してみてもらうのも、一つの手です✨

細かいことを言えば、ホロスコープや名前、数秘の要素なども絡むところですが、まずは、お付き合いしていく相手を選ばないことには…ですので、参考にしてみていただければと♪

ちなみに、男性側から見た場合の、結婚相手にしたい女性というのは、また少し違った解釈の余地があるため、上記の→を単純に反対にすれば良いというわけではありませんので、あしからず😓

さそり座♏️は…刺すのが本能⁉️

新年会シーズンも落ち着いてきた昨今ですが、先日、ちょうど、1年前の新年会で鑑定した女性が、彼氏を連れて、「今後の相談」に来てくれました✨

この女性のユニークなところは、春夏秋冬理論では「秋生まれ🍁」で、かなり風変わりな要素を持っているはずなのに、ホロスコープでは、堅実で手堅い要素がメイン属性💪

ゆえに、秋生まれにしては、大変珍しい(?)、地球のルールに適合できる常識人だったのです🌟

※通常、「秋生まれ」に当たる人は、この星の常識に息苦しさを感じて、「自分の居心地の良い場所は、自分で作らないと‼️」と、気づいてから、人生が始まるタイプなのですが😓

そして、九星気学では、「二黒土星」に当たり、本来、恋愛ごとは、自分主導で動かすのが苦手系な要素がありながらも、お名前の直感行動型100%の要素で、それをカバー❣️

持っている苦手分野を、多彩な要素でカバーしながら、然るべきタイミングに動いて、自ら彼氏をゲットしてきた辺りは流石だなと🌟

そして、秋生まれとは、本来、恋多き女性💕

結婚しても、特定のパートナーには縛られない自由奔放さがあるのですが、彼女の場合、月星座にさそり座♏️を持っているため、結婚後の生活では、特定のパートナーとの結びつきに居心地の良さを感じることができるという⁉️

※月星座は、パートナーとの家庭生活で出てくる、素の部分。星占いの「(太陽)星座」の部分からは見えない部分に当たるため、結婚後に幻滅する理由とかも、この辺りに要因があることが多いため、要チェック項目😉

ここで、少し補足しておくと、

「さそり座♏️は…刺すんです‼️」

用心深く、相手を見極めた上で、懐に入れた対象をとことん徹底的に愛し抜くタイプ。

それゆえにこそ、浮気のような裏切り行為は”絶対に許せない”タイプなのです💦

愛情の深さゆえの毒針…的な要素を持つ、取り扱い厳重注意者なため、太陽星座か、月星座にさそり座♏️を持つ人のパートナーには、相手方にも、ホロスコープの要素にさそり座♏️を持ち、その深い愛情を受け止める器があるのが好ましいところ💦

すると、なんとその彼女、相手方の男性に、月星座さそり座♏️を持つ人を、ちゃっかり選んできていたという⁉️

運気のサイクルがノッテルときに動くって、そういうことなんだなぁ…と、しみじみと実感☺️

付け加えていうなら、お互いの気力のバイオリズム的にも、今年、きちんと、結婚に向けた段取りを整えることが、人生設計で大事🌟

お互いのバイオリズムがそう言っている中、しっかりその意思を固めてもらうべく、彼氏連れで鑑定にやってきた彼女…

「幸せになってください‼️」

それだけの要素が整っているのなら、あとは、二人の背中を押してあげることくらいしか、できることはありません😓

…と、ここまでは、「相性」の話だったんですが、実は、この話には続きがあり…

その彼氏さん、太陽星座に、射手座♐️をお持ちだったので、

「海外で仕事したいと考えてますか❓」

と聞くと、これがまた、ドンピシャで、将来的な検討事項としていたことが判明✨

「あぁ、それなら、英会話とか、今のうちに習っておいた方が…」

という話をして、青ざめる彼女😱😱😱

そう、実は、彼女、ホロスコープでは、コミュニケーションを司る星の支援が入っておらず、かつ、地に足をついた堅実さがメイン属性。

そこに、手堅さ満点の二黒土星がくっつくと、ガッツリ、この地に根を生やしていて、海外なんて行きたいとも思わないタイプだったのです😥

そして、新しい言語を習得するのにも、苦手意識を持つタイプ…と聞いて、今度は、青ざめる彼氏😓

「まぁ、なんだ…幸せになってください‼️」

ある意味、今、わかっておいて良かったところなんだろうなと🤔

さきのさそり座♏️の話で言うなら、転勤することになっても、どこまでも付いていくタイプなので、ある意味、知らずに結婚生活を送ってから、その話が出てくると、大変だっただろうなと…😥

幸いなことに、コミュニケーション能力に補正値を加える名前の音だまをお持ちの彼女なので、今のうちに、地道に積み上げておけば、「いざ、そのとき」が来ても大丈夫🙆‍♂️

それが何年後の世界の話になるかはさておき、いつの日か、

「啓心さんがそんなこと言ってたよね…」

と、この話を思い出し、目の前の現実に、ご夫婦できちんと向き合っていけることを願うばかりです😉

ちなみに、その彼女からは、

「子どもの名前をつけるときには、相談にのってほしいので、それまでは占い師🔯を続けててくださいね‼️」

と、念を押されました💦

向こう5年間くらいは、この生活を続ける予定なので、大丈夫でしょう👌

このように、人の在りようは、一つの切り口だけでは、見えてこない部分が沢山あるものです。

一つ一つの要素を紐解いて、起こりうる事象への、傾向と対策を予め知っておくと、関係性の長続きに、大きなアドバンテージを得ることができます🌟

今、気になっている方がいるという、そこのあなた‼️

一度、その相手との折り合いのつけ方、知っておいてはいかがでしょうか?

鑑定のご用命は、こちらから。