最近のマイブーム

うっすらと細かい線が多数…

手相で健康状態をみるときに、まず見ておきたいのが、放縦線。

切れ切れになった線が出ているときは、胃腸が弱っているサイン😓

そして、爪の生え際の白い部分、”三日月”と呼ばれるエリアは、通常、爪の長さの5分の1くらいでているのが理想ですが、ほとんど出ていないときには、必要な栄養が足りていない証拠💦

三日月がほとんど出ていない状態…

この場合、三食を食べているかではなく、”栄養素のバランスを意識した食生活ができているのか”を知ることができます🤔

具体的な胃腸等の不調に伴う自覚症状はなくとも、これらの状態を日々確認しておくと、重大疾患への悪化を未然に防ぐことができます😉

上記は、現在の僕の状況ですが、観察し続けていくことで、回復状態の確認もできて便利です☺️

手相は、とかく、見れる観点が多数あって、複雑なところですが、健康状態のところは、比較的わかりやすくて、とっつきやすいので、興味ある方は、その辺りから学び始めてみるとよいかも⁉️

まさかのダブルサイン⁉️

以前、害傷紋という、自分が相手を傷つけたり、相手から傷つけられたりする予兆で現れる紋の記事を聞いたのですが、今日、生まれて初めて、この紋が出ている方にお会いしました…って、

「えっ…両方の眉頭に⁉️」

見間違いかと、三度見してしまいました💦

眉頭から額にかけて伸びる筋…これが害傷紋です。(写真はご本人の許可を得て撮影させてもらったものです)

その方、懸針紋(眉間下部に出る縦線)という、繊細で感情が高ぶりやすい紋もお持ちの方だったので、それとなく、そんなサインが出ていることをお伝えしたところ、どうやら、職場で幾たびにも及ぶ悶着があった模様💦

僕の害傷紋の解釈は、物理的に傷つけたり傷つけられたり🤛…と考えていたのですが、どうやら、現代社会にあっては、メンハラなどの、言葉による精神面への攻撃も含まれるようです😓

その意味では、転勤先でパワハラを受ける予兆なんかにも、この害傷紋って、出るのかもな…と、考えを改めた次第です🤔

考えてみれば、キツイ言葉を浴びせられ続けて、自分もキツイ言葉を返して…なやり取りの日々では、いつ感情任せに手が出てもおかしくはないのかなと💦

心当たりのある害傷紋がある方は、自分の立ち位置とこれからについて、一度じっくり向き合ってみることをオススメします💦

手相鑑定、始めました🌟

札幌のチカホイベントに何度か出店してみて、やはり、手相鑑定は押さえておかないと、機会損失がけっこうな勢いで発生するな…とわかり、ついに、相術の王道、手相に手を伸ばし始めました🌟

まだ、研究を始めたばかりなのですが、早速、自分の手相がツッコミどころ満載だったことが判明⁉️

手相における、左手・右手には、さまざまな解釈があるところですが、とりあえずは、左手が先天運、右手が後天運説で見たとき、この左手の運命線がエグい感じに…😓

通常、運命線が金星丘に引っ張られるように歪曲していると、家庭事情に煩わされる相になるのですが、僕の運命線は、なんと、そんな家庭を司る金星丘を大きく避けている⁉️

まだ、手相本を1冊しか読破していないので、綿密な鑑定はできないのですが、考え方としては、家庭の縛りから抜け出そうとする試練がある…と読めるのかな🤔

さらに、その運命線が、そのまま、月丘の方に伸びていれば、他者からのサポートを得られる人気運命線になったものを、

「生命線側に逸れるんか〜〜〜いッ‼️」

あえての自力解決の茨の道を進もうというのか😵

とんだけ斜に構えた人生設計になってるのさ‼️と、ツッコミどころ満載💦

そして、確かに…と、腑に落ちる感もまた…ね💦

そんな”初期設定”を受けて、現在の状況を右手から読み取ってみると…

いやはや、見事に運命線は、月丘から伸びる、人気運命線に❣️

また、金星丘を意識しない、真っ直ぐ綺麗な筋に🌟

恐らく、占い師としての独立という道を歩んだことで、公務員時代の鬱屈とした諸々が解消されたのでしょう☺️

さらに、月丘には、筋が薄いながらも、皆に好かれる寵愛線(と思われるもの)まで💕

そしてそして、まさかの、海外生活を暗示する旅行線が伸びているではありませんか⁉️

西谷式流年図によるなら、時期は55歳くらい…かな??

右手が示す後天運とは、即ち、これまでの努力が実を結んだ結果を示すもの🌟

随分と、自分の人生を開拓してきたものだな…と、しみじみと実感☺️

一方で、惜しむべきは、金運で中吉となる、末広がりの”ハの字太陽線”を失っていたことも判明💦

金運の吉相を逃したのは手痛かったものの、手相は、あくまで、「相対」の”相”である以上、変わりゆくもの。

失ったものがあるならば、取り戻せばよいだけ😎

占い師としての人生設計に必要なラインは出揃っていることが確認できたので、ここからは、仕掛けていくのみ‼️

「よっしゃ、やったるで✨」

自分の手相を見て、元気もらいました☺️

手相鑑定解禁はまだまだ先の話ですが、既存術式の命術との相性はバッチリですので、ぜひ、鑑定開始後は、足を運んでみていただければと😉

第6回はしご占いに出店🌟

チカホイベントラッシュな日々の中、第6回はしご占いに出展します🌟

メジャーな手相✋やタロット🔯以外にも、算命学、数秘術、易、伝統マヤ暦など、普段はなかなか敷居が高めに映る鑑定も、ここでは、お試し価格2,000円/10分(延長不可)にて💫

さ・ら・に、3名分の鑑定ができる、お得🉐な3回券なら、3,600円/30分(鑑定1回当たり、破格の1,200円❣️)にて✨

新たなお気に入り鑑定士さんを見つけるチャンスタイム‼️

そして、今回は、なんと、パワーストーンのお店も併設🌟

ストーン選びの参考にしたい方は、僕のブースにて、今年のラッキーカラーやあなた固有のバイオリズムカラーをお伝えできますので、興味のある方は、ぜひお立ち寄りあれ❤️

さぁ、4月20日、21日はチカホへGO💨

一重まぶたをストレスに感じていませんか❓

あなたは、一重まぶたよりも、二重まぶたの方が素敵…と、プチ整形を考えたことはありませんか?

人相学では、この一重と二重の違いを次のように解釈しています💫

ズバリ、それは、感情や情熱をストレートに表現できるか否かの…の違いなのです🌟

一重まぶたの人は、自分が困っているときや、苦しいときでも、それを押し隠し、顔に出さないようにする特徴があるのだそうな🤔

一方で、二重まぶたの人は、感情表現が、積極的で能動的。

加えて、そのまぶたのラインが、目頭で目とくっついていれば、モラルを重んじた行動をとれる反面、目頭で目と離れていると、情欲に走りやすいところが😓

また、目頭と目尻の両方が目から離れている場合には、異性の気持ちを惑わす、強力な魅惑のまぶたに😎

さらに、まぶたが三重なら、その魅力ゆえに、異性で一生が決まるレベルの影響力があるのだとか⁉️

そうして考えると、まぶたは二重の方が…という気持ちにもなってくるところですが、端的にいえば、人相も、「相」(相対的)の要素である以上、心がけ一つで、変わってくるもの。

一重まぶたの人でも、自分の想いや感情を、溜め込まずに、素直にその場で表現できるようになると、二重化が進んでいく…はず⁉️

整形に駆け込む前に、一度試してみてはいかがでしょうか❓

改名元年🌟

音楽室に飾られた額には、数々の音楽家たちの肖像画…

「そう、その髪型‼️」

鑑定士モードの髪型として、美容師さんに推奨される髪の伸ばし方をしてみれば、まさかのそっち側のイメージの人に💦

そして、付いた”二つ名”は、

「ショパン」

凄い勢いで浸透し始め、いつしか、僕の鑑定は、

「ショパンの調べのように美しく…」

と、語り継がれるようになり⁉️

会う人会う人に、全く違和感を与えず😓、一周まわって、「芸名」にいいのかも…と思い始め、試しに、やまと式かずたま術で、

「ショパン啓心」

の場合の数秘を出してみたところ…

「Gacktか⁉️」

まさかの、元々の姓名が持っていた「1」の”究めし者”を内面に持ちながら、外面には、「7」の”覇王色の覇気を持つ者”が出てきたという😎

芸名に良いかなと思ったら、思いっきり、芸能人オーラを出す数秘になっていようとは、奥が深い…⁉️

音だま的にも、問題解決能力No.1、2の「し(静める)」と「ん(お助けマン)」が含まれているので、「ショパン」と呼ばれても、「けいしん」で呼ばれても、この二つの音は通るわけで…

なるほど、ちょうど今、今後のメディア露出を踏まえた(?)”枕詞”を求め、迷走していたところ🤔

夏3年目の”集大成”の年にあって、ここに、意図して枠を広げてきた最終目的地がその名に込められているというならば、名乗って”魅せる”が世の情け…

「ショパン啓心に、俺はなる‼️」

というわけで、エイプリルフールも過ぎて久しいですが☺️、名実ともに、「ショパン啓心」を名乗ることにいたしました🌟

期せずして、占い師業も、ここにきて、セカンドシーズン突入です💨

さて、プロフィール写真も、それに合わせて、速やかに撮り直さねば⁉️

そして、”時は動き出す…”

「フッ…忙しくなりそうだ😎(意味深)」

ショパンのコーヒーブレイク…的な😉


奴が来る⁉️

2019年も四半期を過ぎて、いよいよ迎える、木星逆行😱

水星逆行はよく聞くかと思いますが、木星の場合はというと、物事が停滞する時期です💦

思わぬことで計画に水を差されて遅れが生じたり、状況が遅々として進展せずに焦ったり…

令和時代のホロスコープに刻まれた、拡大と発展を司る木星は、なんと、いきなり逆行モードからのスタートなのです😓

柔軟な発想で大胆に仕掛けていくことが、拡大発展につながる時代が来たはずなのに、いきなりの出足払いが待っているという💦

付け加えるなら、この逆行、2019年は、4月11日〜8月10日までと、長いのです😱😱😱

そんな中、火🔥のグランドトライン(4月14日〜15日、5月12日〜13日)で意思を固め、土🏔のダブルグランドトライン(5月13日〜15日)で仕掛け、水❄️のグランドトライン(6月14日〜15日)で想いの強さを再確認する流れが⁉️

その後、2019年は、陽気のエネルギーのピークを迎え、陽極まって陰に転じる6月22日の夏至へ💦

まるで、ポップ、ステップ、ジャンプのように組み込まれた、この一連のグランドトラインを乗りこなすために、心がけておきたいのは、

“めげない、懲りない、諦めない”

の精神🌟

まずは、令和時代の一発目の”波”を乗り越える気持ちで、「仕掛け」ていくことが、来年へのよい流れを作る秘訣です😎

とはいえ、忍耐と不断の努力で道が拓くことが約束された、令和時代のホロスコープにある土星もまた、4月30日から9月17日までは、逆行モードに⁉️

逆風吹き荒れまくるところではありますが、10月を過ぎてしまうと、水❄️のグランドトラインしか形成されず、自身の想いの強さを確かめるに留まる中で、再び、陰極まって陽となり、陽気が回復し始める、12月22日の冬至を待つことになります。

But、しかし、However、ここで覚えておかなくてはならないのは、12月3日から、拡大と発展を司る木星は、射手座♐️から山羊座♑️へ移行すること‼️

このため、2020年は、忍耐を美徳とする山羊座♑️の影響で、”陽(ひ)の目を見るそのとき”に向けた、地道なコツコツとした草の根活動が求められる年になります😓

それを踏まえるなら、2019年の逆行シーズンに流されているようでは、2020年の流れに乗るのは厳しいと言わざるを得ません💦

とかく、腰の重たい状況は続きますが、何か一つでもよいので、”やってみたい”と思っていることがあるなら、夏至を迎えるまでに、やり抜いてみることをオススメします🌟

うまくいかくても、思ったほどの成果が出なくても、ここで踏み出せた一歩は、令和時代を生きる、大きな一歩に😎

メンタルを鍛えられる時期と思って、そんな時期だからこその、あえてのひと旗を掲げるなら、あなたは、この期間に、何を仕掛けますか❓

折しも訪れる、4月14日〜15日にかけての、火🔥のグランドトライン。

決意を固めるひとときに当ててみては、いかがでしょうか☺️

“明るい占い師”、現る⁉️

先日、チカホの占載一遇🔯イベントに来てくれた方曰く、

「占い師さんにも、こんなに明るい方がいらっしゃるんですね💕」

と。

特に意識しているわけではないのですが、僕の名前の特性が、自分のエネルギーを相手に注ぎ込んで、相手を元気にする力があるのに加えて、数秘上でも、前世から引き継いだ、「ジ・エンターテナー」のアルティメットスキルを持っているので、鑑定も、必然、そんな感じに☺️

にしても、そう言われてみると、”いわゆる一つの占い師”のイメージって、”明るい”とは対極にある”ミステリアス”が主流…なのかも⁉️

あるいは、細木◯子のようなイメージが先行して、「重たい」ことを言ってくる人という先入観が⁉️

僕の占いに向き合うスタンスは、占いとは、人生を決定づけるものではなく、人生の迷い路にあって、どんな選択肢があるのかを確認する、一つの手段という立ち位置です🌟

どんな伝え方をするのか一つで、受け手のイメージも180度変わってくるものですが、少なくとも、僕の鑑定では、

「あんた、×ぬわよ‼️」

みたいなことを言われることはありません💦

なんか上手くいかない、なんか違う、なんかつまらない…

人生の「なんか」に引っかかりのあるときに、それが「何か」を、9つの術式の掛け算で読み解き、真相を探り当てるのが、僕の晴明数秘術鑑定です。

「温泉♨️上がりのようなスッキリ感で、心が軽くなりました」

とお客様の声が届くのも、そんな鑑定スタイルに基づくがゆえにだったり😉

そんなわけで、なんかヘコむことがあって、元気がでないときには、占い業界のニューフェイス、”明るい占い師”啓心のもとにお越しあれ☺️

きっと、晴れやかな元気を受け取って、足取りも軽くなりますよ😉

鑑定のご依頼は、こちらまで💁‍♂️


ここだけはこだわり抜いて欲しかった新元号について😓

ついに発表になった新元号ですが、個人的には、ここで「和」を使うのか…と、残念感がハンパない💦

一音一音の観点で見ると、「れ」には、即断即決で突き進むんでいくスピーディーさ、「い」には、今ここ私を生きるエネルギー…と、ここまでは、文句なしの出だし☺️

新しい時代のスピード感に対応した、良い音の響きを持ってきているな…と思いきや、最後の音に、周りとの調和とバランスを尊ぶ、「わ」を持ってくるのか…と😓

日本人的な精神としての「和」を、新元号の時代にも求めたい心情はわかるのですが、ホロスコープ的には、従来の社会の枠組みにとらわれない、自由な発想と行動力が求められる、より「個人」にフォーカスが当たるサインがあるところ♐️

その点を踏まえるなら、周りの目を意識した協調性よりも、自身のやりたいことや想いをしっかりと伝えられる社会への転向を促すために、最後の1文字は、「あ」か「ら」で締めて欲しかった💦

新しい扉を開いていく力強いエネルギーの「あ」や、ラテンポップなノリと勢いのパワフルさを持つ「ら」になっていれば、文句なしの組み合わせだったなと🤔

また、「れ」には、急激な変革を展開していく勢いがある一方で、築き上げてきたものを急激な速さで分裂させる力もある中で、「わ」が、分裂させないように…という、安全弁の役割を果たしてしまうと、せっかくの勢いに水を差してしまうことに💦

東洋占星術的にも、2019年は、「変化・改革・再生」の大きな流れの中の節目の年。

世界の潮流も、信じられない勢いで変化の渦中という中にあって、「スピード感」をもって対応できる日本社会へ…というイメージを、もう一歩、音の観点から押し出してほしかったなと🤔

僕の元号予測、「啓明」元年説は見事に外れましたが、良い意味で、ここで「れ」を持ってくるのか❗️という、驚きと期待値の高さを、最後の一音まで、ズキュ〜〜〜ン🏹と貫き通してほしかったところです😭

漢字の字画としては、才気煥発の発展性があるところではあるので、願わくば、「令和」世代の子ども達が、周りの目に囚われることなく、自身の才覚を遺憾なく、世界にアピールしていける時代になりますように🌟

にしても、この元号予測、当てた人いるようで、その確率、なんと、

0.000000222222222%

ジャンボ宝くじ1等を当てるよりも困難な数字なのだそうです😉(常用漢字の組み合わせから割り出したパーセンテージなのだそうな)

この方のもとには、これから取材が殺到するんでしょうかね⁉️

皆さんは、新元号に見る、次の時代のイメージ、どのように読み解きましたか?

第2回占いフェス「占載一遇」に出店します✨


4月2日(火)、3日(水)は、チカホ出店しております🌟

各日11時〜18時まで、北3条交差点広場にて✨

イベント時は、通常価格の約50%OFF🉐な下記特別価格にて鑑定しております😉

お試し鑑定 1,000円/5分

通常鑑定 2,500円/15分

本鑑定 5,000円/30分

※LINE@に新規登録いただける方には、5分延長無料❣️

折しも、このタイミングは、新年度も始まり、新元号も発表後の、2019年の切り返しポイント❗️

異動先や、就職、あるいは、就学後の新生活の展望について、ここで確認してみませんか⁉️