トキメキを感じたいなら、この男性⁉️

以前投稿した、結婚相手を選ぶときの参考要件、意外と(?)好評だったので、今回は、女性から見た、

「恋愛を楽しめるお相手は❓」

について。

例によって、春夏秋冬理論の生まれの属性を使いますので、診断サイトの方でご確認ください。

生まれの属性別に見た組み合わせは、下記のとおりです🌟

春生まれの女性→春生まれの男性(恋愛の機微を軽やかに楽しめます😉)

夏生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを認め合えると、熱愛カップルに🥰)

秋生まれの女性→秋生まれの男性(趣味が合えば、打てば響くようなおしどりカップルに☺️)

冬生まれの女性→夏生まれの男性(遠距離恋愛や年齢差など、障害があるほど恋心が燃え上がります😎)

最近、恋やトキメキにご無沙汰だな〜😓と感じているなら、周りの男性の生年月日、片っ端から調べ上げてみてはいかがでしょうか❓

なお、今回は、あくまで、「恋愛を楽しめる」をテーマに選んでいますので、結婚相手に相応しいかは、また別のお話というのを、お忘れなく…😉

占い師として、何を成し遂げられたら最高ですか?

独立して起業したことのある人なら、その決断をしたとき、何を成し遂げようとしていたでしょうか?

億単位のお金を稼ごうとしていましたか?

自由な時間を欲していましたか?

身近な誰かの役に立とうと思っていましたか?

そんな自分の”根っこ”の部分というのは、存外、時が経つと、忘れてしまうもの😓

例えば、僕が、これからの人生で、

「何のために占い師になったんだっけ❓」

と、ふと思うことがあったなら、それは、自分の軸がブレてきた証拠😥

自身の強みを知る、ストレングスファインダーという考え方の中には、「原点思考」という資質があります。

「そもそも」の部分を常に忘れない、ブレないチカラですが、僕の中にあるこの資質は、残念ながら、ボトム5に。

※34ある資質の中で、下から数えて五番目以内にあり、資質としてカウントしない方が良い部分なのです😓

なので、いつか、どこかで、立ち止まることがあった日のために、ここに、初心の想いを残しておこうと思います☺️

僕が占い師の道の先に見ているのは、

「皆が、共通言語として使える世の中になること」

例えば、お名前ならば、画数を気にする前に、その一音一音が持つ、強みや使命を勘案し、

「「あ」だと、アッと閃いたらすぐに動いちゃうから、長女には、落ち着きのある「お」がいいかもね✨」

みたいな会話が、ごく自然に、夫婦間で交わされる世の中。

例えば、春夏秋冬理論ならば、

「今年、夏1年目の絶好調サイクルだから、結婚、決めにいくわ‼️」

のように、自分の運気のバイオリズムを掴んだ上で、その年の生き方を選んでいける世の中。

誰もが、日常生活の中に、「生活の知恵」として、生年月日やお名前から読み解ける情報を、有効活用していけるる…

ポスト平成の時代が、そんな世の中になっていたなら、僕の占い師としてのお務めは、満了です🌟

占いに使う術式は、何も特別なものではなく、先人たちが残してくれた智恵の結晶です💫

平成の世に溢れかえった、「コーチング」やら、「カウンセリング」やら、「自己啓発」やら…そして、「占い」やら。

誰かを頼るのではなく、自身のことは自身で読み解けるようになれば、踏み出す一歩も、力強いものになると思いませんか❓

そのための一つのツールとして、占いの要素も、日常の中に取り入れていってほしいな…というのが、平成最後の年にあっての、僕の願い😌

無意識を司る星が、時代の迷い子に手を差し伸べるのも、あと数年のうちに終わります。

ポスト平成の世にあっては、

「ここに我あり」

と、自信と誇りをもって、前に進んでいける人たちが、時代を担っていきます。

一人でも多くの人が、その流れに、臆することなく、乗っかっていけるように。

一人でも多くの人が、進むべき道を見出せるように。

そして、一人でも多くの人が、自分自身の力で、人生を再構築していけるように。

「暮らしに役立つ占いの知見」、日本中に広めていきたいなと思っています✨

先日、募集をかけた、「啓心塾」も、そんな”野望”実現のための、第一歩😉

あなたも、ポスト平成の波に乗り遅れないために、新たな物差しと価値観、手にしてみませんか?

啓心塾へのお申し込みは、こちらから。

パートナー選びは、「当たりをつける」ことが大事🌟

あなたは、パートナーを選ぶとき、どんな要素を気にかけますか❓

容姿や経済力、趣味の一致や人柄など。

その要件となりうるものには、様々あるかと思いますが、それゆえに迷い、その一歩を踏み出せずにいませんか⁉️

お付き合いを始める前に、様々な要素を勘案しすぎると、往々にして、そもそもお付き合いが始まらないジレンマに陥りがちです😓

かといって、なりふり構わなければ、「んっ⁉️」と思う相手を引き当ててしまう確率も高まります😭

そんなあなたに、一つ、「シンプルな物差し」を提供したいなと🌟

これまでの恋愛相談の鑑定で、一番、成約率が高かった「秘伝の…」というほどのものではないですが、「当たりをつける」のには有効な手法があるのです✨

それが、春夏秋冬理論の生まれの属性を用いる方法。

まずは、このサイトで、あなたの生まれの属性が、「春生まれ」、「夏生まれ」、「秋生まれ」、「冬生まれ」のどれに当たるかを調べてみてください。

ここで気をつけていただきたいのは、あなたが夏の季節に生まれたからといって、「夏生まれ」に当たるわけではない点です💦

あくまで、これは、その季節のイメージを持つ人という意味なので、必ず、さきのサイトで調べるようにしてください🙇‍♂️

さて、あなたの生まれの属性がわかったなら、次の相手が、ロックオン対象です🎯

春生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを気遣う優しさを忘れなければ、どんな問題も一つ一つ乗り越えていける夫婦に😌)

夏生まれの女性→夏生まれの男性(妻が、夫をいつまでも恋人だと思って接し続けると、ラブリーな夫婦に☺️)

秋生まれの女性→夏生まれの男性(苦手分野を分担し合うことで、いつまでも恋人同士のような夫婦に🥰)

冬生まれの女性→春生まれの男性(夫に尽くされて、妻は生き生きと自由に自分の人生を楽しめる関係に😉)

今回の選び方は、夫婦生活に折り合いをつけていきやすい…を目安に選んでいます。

なので、お付き合いしているときにラブラブなカップルに💓というのは、実は、想定していません🙇‍♂️

つまり、恋愛のアヤを楽しむには、少し物足りない相手に思うかもしれません💦

一方で、お付き合いを経て、信頼関係が築けると、末永く、折り合いをつけていける相手でもあるわけです😉

この生まれの属性は、相手の生年月日の情報があれば、すぐに割り出せますので、「第1要件」のフィルタリングに設定しておくと、かなりの確率で、絞り込みが可能です🌟

この話をすると、きまって、「生年月日を聞くと、警戒されないか…」と気にされる女性が多いですが、男性の場合、「相性占いに使うの」とか言われると、割とサクッと教えてくれたりします✨

※相手側に少なからずの好意があると、特に有効🌟

実際、鑑定中に、LINEでメッセージを送って確認してもらったら、すぐに返事がきたケースが多々あります☺️

あるいは、Facebookの基本情報に、生年月日を載せている場合もあるので、そちらを確認してみてもらうのも、一つの手です✨

細かいことを言えば、ホロスコープや名前、数秘の要素なども絡むところですが、まずは、お付き合いしていく相手を選ばないことには…ですので、参考にしてみていただければと♪

ちなみに、男性側から見た場合の、結婚相手にしたい女性というのは、また少し違った解釈の余地があるため、上記の→を単純に反対にすれば良いというわけではありませんので、あしからず😓

さそり座♏️は…刺すのが本能⁉️

新年会シーズンも落ち着いてきた昨今ですが、先日、ちょうど、1年前の新年会で鑑定した女性が、彼氏を連れて、「今後の相談」に来てくれました✨

この女性のユニークなところは、春夏秋冬理論では「秋生まれ🍁」で、かなり風変わりな要素を持っているはずなのに、ホロスコープでは、堅実で手堅い要素がメイン属性💪

ゆえに、秋生まれにしては、大変珍しい(?)、地球のルールに適合できる常識人だったのです🌟

※通常、「秋生まれ」に当たる人は、この星の常識に息苦しさを感じて、「自分の居心地の良い場所は、自分で作らないと‼️」と、気づいてから、人生が始まるタイプなのですが😓

そして、九星気学では、「二黒土星」に当たり、本来、恋愛ごとは、自分主導で動かすのが苦手系な要素がありながらも、お名前の直感行動型100%の要素で、それをカバー❣️

持っている苦手分野を、多彩な要素でカバーしながら、然るべきタイミングに動いて、自ら彼氏をゲットしてきた辺りは流石だなと🌟

そして、秋生まれとは、本来、恋多き女性💕

結婚しても、特定のパートナーには縛られない自由奔放さがあるのですが、彼女の場合、月星座にさそり座♏️を持っているため、結婚後の生活では、特定のパートナーとの結びつきに居心地の良さを感じることができるという⁉️

※月星座は、パートナーとの家庭生活で出てくる、素の部分。星占いの「(太陽)星座」の部分からは見えない部分に当たるため、結婚後に幻滅する理由とかも、この辺りに要因があることが多いため、要チェック項目😉

ここで、少し補足しておくと、

「さそり座♏️は…刺すんです‼️」

用心深く、相手を見極めた上で、懐に入れた対象をとことん徹底的に愛し抜くタイプ。

それゆえにこそ、浮気のような裏切り行為は”絶対に許せない”タイプなのです💦

愛情の深さゆえの毒針…的な要素を持つ、取り扱い厳重注意者なため、太陽星座か、月星座にさそり座♏️を持つ人のパートナーには、相手方にも、ホロスコープの要素にさそり座♏️を持ち、その深い愛情を受け止める器があるのが好ましいところ💦

すると、なんとその彼女、相手方の男性に、月星座さそり座♏️を持つ人を、ちゃっかり選んできていたという⁉️

運気のサイクルがノッテルときに動くって、そういうことなんだなぁ…と、しみじみと実感☺️

付け加えていうなら、お互いの気力のバイオリズム的にも、今年、きちんと、結婚に向けた段取りを整えることが、人生設計で大事🌟

お互いのバイオリズムがそう言っている中、しっかりその意思を固めてもらうべく、彼氏連れで鑑定にやってきた彼女…

「幸せになってください‼️」

それだけの要素が整っているのなら、あとは、二人の背中を押してあげることくらいしか、できることはありません😓

…と、ここまでは、「相性」の話だったんですが、実は、この話には続きがあり…

その彼氏さん、太陽星座に、射手座♐️をお持ちだったので、

「海外で仕事したいと考えてますか❓」

と聞くと、これがまた、ドンピシャで、将来的な検討事項としていたことが判明✨

「あぁ、それなら、英会話とか、今のうちに習っておいた方が…」

という話をして、青ざめる彼女😱😱😱

そう、実は、彼女、ホロスコープでは、コミュニケーションを司る星の支援が入っておらず、かつ、地に足をついた堅実さがメイン属性。

そこに、手堅さ満点の二黒土星がくっつくと、ガッツリ、この地に根を生やしていて、海外なんて行きたいとも思わないタイプだったのです😥

そして、新しい言語を習得するのにも、苦手意識を持つタイプ…と聞いて、今度は、青ざめる彼氏😓

「まぁ、なんだ…幸せになってください‼️」

ある意味、今、わかっておいて良かったところなんだろうなと🤔

さきのさそり座♏️の話で言うなら、転勤することになっても、どこまでも付いていくタイプなので、ある意味、知らずに結婚生活を送ってから、その話が出てくると、大変だっただろうなと…😥

幸いなことに、コミュニケーション能力に補正値を加える名前の音だまをお持ちの彼女なので、今のうちに、地道に積み上げておけば、「いざ、そのとき」が来ても大丈夫🙆‍♂️

それが何年後の世界の話になるかはさておき、いつの日か、

「啓心さんがそんなこと言ってたよね…」

と、この話を思い出し、目の前の現実に、ご夫婦できちんと向き合っていけることを願うばかりです😉

ちなみに、その彼女からは、

「子どもの名前をつけるときには、相談にのってほしいので、それまでは占い師🔯を続けててくださいね‼️」

と、念を押されました💦

向こう5年間くらいは、この生活を続ける予定なので、大丈夫でしょう👌

このように、人の在りようは、一つの切り口だけでは、見えてこない部分が沢山あるものです。

一つ一つの要素を紐解いて、起こりうる事象への、傾向と対策を予め知っておくと、関係性の長続きに、大きなアドバンテージを得ることができます🌟

今、気になっている方がいるという、そこのあなた‼️

一度、その相手との折り合いのつけ方、知っておいてはいかがでしょうか?

鑑定のご用命は、こちらから。

本日、土用卯の日、うどんの日

「土用」というのをご存知でしょうか❓

土用の丑の日といえば、ウナギの日というのは、今日にあっても、よく知られているところですが、実際に、土用とはどんなものかを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?

元をたどっていくと、この世の全てを陰陽五行で説明しようとした時代にまで遡ります✨

その時代に、季節の概念も、五行の「木」、「火」、「土」、「金」、「水」をもって説明しようとしたとき、

春は、木々が萌える様子から、「木」を、

夏は、太陽ギラギラの暑さから、「火」を、

秋は、冷え込む冷たさを金属の触感に見立てて、「金」を、

冬は、雪が降ることから、「水」を…

と、当てはめていったとき、では、「土」は?という、素朴な疑問に行き当たります💦

そこで、土の性質に着目して、腐らせて分解する力と、土壌で育む力から、四季の「変化」を司る役割を担うものと位置付けられます。

それが、「土」が作用すると書いて、「土用」というわけです🌟

ゆえに、この土用は、四季の合間、「季節を変化させる期間」という位置付けで、立春、立夏、立秋、立冬前の、それぞれ約18日間が、土用の期間となります。

まだ医療機関が十分に発達していなかった時代にあっては、この”季節の変わり目”に、急逝される方も多かったことから、特に注意を要する時期として、知られていました。

現代にあっても、体調を崩しやすい時期なので、この期間は、いつも以上に、養生を心がけると良いところです。

2019年の最初の土用は、ちょうど、この記事を書く前日、1月17日から、立春前の2月3日まで。

インフルエンザの警報もチラホラと聞かれるこの時期、体調メンテナンス期間として、食生活の見直しや、うがい手洗いを意識的に心がけてみては、いかがでしょうか?

さて、ここで、さきの「土用の丑の日」とは何か❓という点に解説を加えておくと、夏枯れでウナギの売上高が落ちる頃合い、”滋養と強壮によい”を謳い文句に、

「本日、土用丑の日」

と、銘打って、ウナギの販促キャンペーンをうった名残だったりします💫

※一説には、ウナギ屋から相談を受けた平賀源内の一計だったとか…

現代にあっては、「土用」の意味が伝わらずに、「丑の日」だけが一人歩きしてしまったわけです😓

ちなみに、この丑の日には、「う」のつく食べ物が良いという、”便乗商法”により、「うどん」なども、二番煎じ的に売り出されておりました✨

こうした流れを受けるならば、土用期間中の、それぞれの日に配当された十二支ごとに、

「本日、土用◯の日、◎◎の日」

というのが、あってもよいと思いませんか?

「丑」が「ウナギ」で定着した昨今ならば、「卯」の日は、月見ウサギのイメージから、”月見うどん”の日…みたいな🐇

月とウサギと餅つきのイメージにあやかって、「力餅つき月見うどん」辺りを、「卯」の日の風物詩として取り入れてみるという手も?

このように、カレンダーに何気なく書いてある言葉の一つ一つにも、きちんと意味と歴史があるものです。

正しく紐解いた上で、現代的なエッセンスを付け加えれば、あるいは、そこに、新たな商機があるかもしれませんね☺️



時代の変わり目にあって、何を感じますか?

名前って凄いな〜と、しみじみと思うときがあります。

今年は、西洋占星術の星回り的に、伝統文化の再評価が行われると言われる中にあって、僕の知人が、

「弓道を始めたいなと思って♪」

と⁉️

この話を聞いたときは、社会人になってからの、あえての初弓道か…と思ったものですが、実は、彼女、今年は、九星気学的には、「九紫同会」の年。

芸術文化を司る星のお宿に、ホームステイ先が移るタイミングだったのです。

奇しくも、時代の流れと、今年一年の生き方がシンクロ🔥

こうしたバックグラウンドを全く知らずに、「何となく」で、自身を取り巻く状況を感じ取れる彼女は、お名前の属性が「直感行動型」100%✨

ピンときたら即行動の、本命星「三碧木星」との相性も抜群♪

あるいは、これから、伝統文化の新たな魅力が再発見されていく流れの中で、

「今、弓道が熱い‼️」

とでも、特集され始めたなら、実に、時代を先取りした取組みになるのかも⁉️

あなたのお名前は、次の元号の時代を迎えるに当たって、今、何を感じていますか?

余談ですが、あなたの本命星が、「三碧木星」なら、彼女同様、今年は、芸術文化にご縁のある年。

日本画や日本舞踊、陶芸など、今、気になっているものがあるなら、始めるのは、いつですか?

「今でしょ‼️」

※本命星の調べ方は、こちらまで💁‍♂️

何を仕掛けますか?

今年は、星回り的に、伝統文化の再評価が行われる年と言われています。

茶道、剣道、柔道、弓道、華道、香道など、「道」と名のつくものの価値にも、あるいは、現代的なエッセンスが加えられることで、新たな魅力を帯びて再注目…みたいなことが起こるかもしれません⁉️

そのキッカケを担う一翼というのが、ITやAI、VRの技術。

例えば、剣道とVR技術が結びついたら、あたかも、「玄界灘の決闘」のようなシーンが再現された中での試合というのが、実現するかもしれません✨

例えば、ラーメン屋さんとデータベース技術が手を組んだなら、老舗の味もデータで表現できるようになり、誰でもラーメン屋さんを開業できるようになるかもしれません🌟

「さすがに、それはないだろ…」

そう思った、そこのあなたは、「大和麺学校」の取組み、ご存じない方でしょうか?

こちらの記事を参照💁‍♂️

そう、「もう始まっている」のです。

平成の世にあっては、時代があなたに追いついていなかっただけ。

そう思い続けてきた「何か」があるなら、それを仕掛けるのは、いつですか?

「今でしょ‼️」

何と組み合わせるのか?

あるいは、誰と組むのか?

自由なる発想と、現実世界での実現と。

両者がスクラムを組む、次なる時代に向けて、

「あなたは、何をもって、”ここに我あり”を発信していきますか?」

願わくば、あなたが、この時代にあって、「仕掛ける何か」を持った人でありますように✨

今、ここで、それを持たないあなたでも、それを仕掛けていける時代になるという、「見通し」をもった上で、

「動き始めるのは、いつですか❓」

余談ですが、ポスト平成時代の感性を先駆けした記事が、先日、目に留まりましたので、ぜひ、ご一読あれ🌟

啓心塾(第1期生)募集中🌟〜数ある占術を日々の暮らしに生かしてみませんか?〜

占い師を頼らずとも、自分の人生を、自分で予見できたら良いなと思ったことはありませんか?

占い本を購入しても、積ん読本(積みっぱなしになったまま未読本)になって、久しい年月が過ぎていませんか?

そんなあなたに、朗報です✨

自分で自分の未来を、占えるようになってみませんか❓

それも、占い師という専門職としてではなく、一個人として🌟

インターネットの普及により、ひと昔前よりも、占いの世界は、遥かに身近なものになっています👌

「それって、本の情報がネットで手に入るようになったってこと?」

確かに、グーグル先生の力を借りれば、様々な情報をネット上から入手することができる時代になりましたが、注目すべきポイントはそこではありません🙅‍♂️

インターネットの世界が拡充していく中で、占術に使う基礎データを、オンライン上で算定できるようになったのです‼️

「だから?」

と、あなたは思ったかもしれませんが、これは、革命的なことだったりするのです🌟

例えば、あなたは、西洋占星術のホロスコープを作成できますか?

例えば、あなたは、四柱推命の命式を算定できますか?

例えば、あなたは、九星気学の本命星の出し方を知っていますか?

占いの世界を深めていくときに、最初のハードルになるのが、名前や生年月日情報の「変換」に手間暇労力がかかること💦

ところが、現代にあっては、それぞれの占術の専門サイトで入力すれば、結果はすぐに出てくるのです。それこそ、ほんの数秒で😲

その作業を、誰もが無料で、オンライン上で(スマホを使って)できるようになった現代なら、残る課題は、ただ一つ‼️

“その算出結果を、どのように読み解くのか?”

解釈の部分の学びさえ深めれば、この道の素人のあなたでも、膨大な知見が蓄積されたその扉を、自力で開くことができるのです✨

とはいえ、

「占いって、知らない言葉がたくさん出てきて、難しそう!」

と思っていませんか❓

ご心配には及びません‼️

数多ある占術の中には、イメージしやすい言葉と世界観で構築されたものがたくさんあるものです。

「でも、占いって、直感とか霊感的何かがいるんじゃないの?」

タロットカードや道具を使う占いならば、そうした不安があるかもしれません。

ですが、生年月日と名前を用いる手法ならば、知識があれば、活用していくことができます。

例えば、風水も、知識があれば、日常に取り入れていくことができますよね😉

「そうは言っても、何から学べばよいのやら…」

そんなあなたにお伝えしたいのが、「啓心塾」(月1回、全12回講座)です。

僕がこれまでに学んできた、

東洋占星術、西洋占星術、春夏秋冬理論、四柱推命、カバラ数秘術、やまと式かずたま術、姓名判断、九星気学…

と、名だたる占術の数々の中から、知っておくべきエッセンスを、テーマ別に抽出して、わかりやすくお伝えします。

全12回の講座を終えるときには、あなたは、ご自分やご家族、ご友人の運勢を読み解き、その人生の方向性と展望を掴むことができるようになっています。

むろん、恋愛運や、婚期・離婚の適機、転職のタイミングに至るまでを、自らの手で導き出すことも❣️

「来年はどんな年になるんだろう❓」

そんな気がかりを抱くことは、もうなくなります。

自分の人生を、未来の見通しを持った上で、設計していくことができるようになるのです‼️

さらに、本講座では、現代人の大きなストレス要因になっている、人間関係についても、深く考察していきます。

職場での対人関係から、恋人・夫婦間での折り合いのつけ方、親子関係に至るまで、適切な距離の取り方や対処法を会得することができます。

もしも、あなたが、一つ一つの占術を深めようと思えば、それぞれに10万円単位のお金が必要なところですが、そのエッセンスを、日常生活に活かせるレベルにまで落とし込んでお伝えする本講座は、

【通常価格】60,000円(1講座5,000円×12回)

のところを、

【第1期生 分割払い特別価格(20%OFF)】48,000円(1講座4,000円×12講座)

でお届けします。

お支払いは、1講座受講ごとに、会場にて現金でお支払いいただく分割払いか、事前振込一括払いのいずれかをお選びいただけます。

一括払いをご利用いただける方には、さらにお得な、

【第1期生 一括払い特別価格(30%OFF)】42,000円(1講座3,500円×12講座)

にてお届けいたします。

また、今回は、記念すべき第1期生募集を祝して、

一括払いの方のうち、先着5名様に限り、35%OFFの39,900円

にてお届けいたします🌟

この特別価格でご提供できるのは、第1期生の方のみの特典です❣️

さらにもう一つ、「用事があって、受講できない日があったらどうしよう?」と、不安に思うあなたのために、

個別補講2回まで無料‼️

のオプションをお付けします🌟

ご都合のつかない日があっても、日時の折り合いのつくタイミングで、しっかりとアフターサポートいたします。

※3度目以降の補講は、2,000円/回にて承ります。

講座の詳細については、下記のとおりです。

【啓心塾(第1期生)】

◯講座内容◯

第1回「暦と占いの世界〜陰陽師と干支(えと)を知ることが、占いを読み解く第1歩🌟〜」

第2回「気力・体力のバイオリズム〜モチベーションにも固有のリズムが⁉️〜」

第3回「廻りて巡る運勢のサイクル〜俗に言う、大殺界や天中殺って何❓〜」

第4回「サイクル論で読み解く、これまでの人生とこれからの展望〜人生を振り返ることが、未来を予見する早道⁉️〜」

第5回「名前の構造と個性〜名前って凄い‼️と気づけば、もうニックネームは使えない⁉️〜」

第6回「生年月日に宿す人生の使命〜前世から引き継いだ才能と、今世に選んだ生き方とは❓〜」

第7回「和暦がもたらす家系のミッション〜家系とはどんなご縁で繋がっているの❓〜」

第8回「名前と生年月日の繋がり〜個性の読み解き方とは❓〜」

第9回「星が示す人生の羅針盤(ホロスコープ)〜星占いだけじゃわからないことがたくさん⁉️〜」

第10回「12星座の傾向と対策〜その星座を持つ人にしかわからない、星座ごとの秘密の特徴とは❓〜」

第11回「相性の読み解き方〜名前と生年月日でここまでわかる‼️〜」

第12回「占いとは、人生のガイドマップ〜対人関係から一年の過ごし方まで、占いの具体的な活用方法🌟〜」

◯開設コース◯

下記からいずれかのコースをお選び下さい。

①第1水曜日コース

開催日:2019年2月6日、3月6日、4月10日(イベント出演のため第2週開催)、5月8日(大型連休を避けて第2週開催)、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、11月6日、12月4日、1月8日(三が日を避けて第2週開催)

開催時間:各日12時30分〜14時30分

開催場所:札幌ロースイーツ専門店プティカコ(札幌市北区北6条西8丁目8-11 1階 地下鉄南北線「札幌駅」から歩いて7分)

開催場所ホームページ

http://petit-caco.com/home/ 

定員:10名

②第1土曜日コース

開催日:2019年2月9日(イベント出演のため第2週開催)、3月2日、4月6日、5月11日(大型連休を避けて第2週開催)、6月1日、7月6日、8月3日、9月7日、10月5日、11月2日、12月7日、1月11日(年始休業を避けて第2週開催)

開催時間:各日15時00分〜17時00分

開催場所:風和 fu-wa cafe(札幌市豊平区月寒西1条9丁目8-1 パサージュ月寒中央1階 地下鉄東豊線「月寒中央」から歩いて5分)

開催場所ホームページ:

https://ameblo.jp/fu-wacafe/

定員:10名

◯料金◯

分割払いの場合:48,000円(4,000円×12回)

一括払いの場合:42,000円(先着5名様に限り、39,900円🌟)

※本料金のほかに、講座の受講時に、水曜日コースはケーキセット代、土曜日コースはワンドリンク代の実費負担が会場にて必要となりますので、ご留意願います。

※ご都合により受講できない日がある場合には、2,000円/回で、別日に個別補講を受けられます。(2回までは無料❣️)

◯お支払い方法◯

各講座日に、会場にて現金4,000円をお支払いいただく分割払いか、事前一括払いかをお選びいただけます。

※一括払いの入金先は、講座受講申込みメールに記載のゆうちょ銀行までお振込み願います。

◯お申込み◯

講座のお申し込みは、下記フォームから‼️



9年に1度、やる気がドン底モードに陥るタイミングがあるって、知ってましたか⁉️

九星気学の世界には、その年の立春から始まる1年のバイオリズムを知るための、同会法という手法があります。

平たくいうと、自分の本命星が、毎年、九つの星のうちの一つのお宿に、ホームステイしているイメージです✨

で、「一白水星」のお宿にホームステイするときというのが、要注意なタイミング😥

一白水星は、方位でいうと「北」、季節でいうと「冬」に当たるところで、「水」のエネルギーを持つため、「冷え込む」という意味合いが伴うところです❄️

イメージしてみてほしいのですが、真冬の極寒の宿にホームステイするとして、外に繰り出して遊びたいと思うでしょうか⁉️

つまり、ここにホームステイするときというのは、

「あぁ、お外で遊びたいな〜でも寒そうだな〜😓😓😓」

という感じに。

やりたいこと、やるべきことがハッキリわかっているはずなのに、体が動かない‼️ってなことが起きるわけです。

特に、この前年のホームステイ先が、「九紫火星」にあって、炎の勢いで、やり抜きたいことに全力で臨めただけに、ギャップ感がハンパないわけで💦

お子様とかだと、この時期、「引きこもり」が起きやすいので、要注意😥

一生懸命頑張り抜いた一年があったからこその、「充電期間」というのが、一白水星の宿に滞在中、心がけるべきことなのです☺️

ゆえに、「動く」ときではなく、「今後の計画を練る」年にしていくことが求められます。

かくいう僕も、独立した年の立春からが、もろにこの期間に差し掛かっていたため、

「メンタル病んだのか⁉️」

と思えるくらいの、このやる気の起きなさに、本当に、シンドイの一言に尽きるものがあったなと💦

2019年に入って、次なる二黒土星へとお宿を変えるタイミングを迎えて、ようやく、モチベーションが回復してきたのは、本当に僥倖だったなと☺️

さて、2019年の立春からは、本命星が四緑木星の方が、この一白水星のお宿へとコマを進めます。

※本命星の調べ方は、こちらから。

行動意欲がわかない一方で、頭はクリアに冴えわたるので、今後の人生のための計画、じっくり錬る一年にしてみては、いかがでしょうか❓

ちなみに、体も冷え込み、体力も落ち込むタイミングなので、体を温める、源泉かけ流しの温泉♨️がオススメです✨

四緑木星の皆様におかれましては、冬至を迎える頃合いには、少しずつ、やる気も回復してきますので、くれぐれも、無理はなさらぬように…

海外を見るときの方位って、地図上の方位とは違うってホント⁉️

ハワイって、日本から見て、どの方角にあると思いますか?

地図上で見る方位としては、南東に当たるのかもしれませんが、

九星気学の世界では、「東」にあたります。

方位の吉凶が研究された時代に、海外旅行にあっては、単純な地図の方位では説明がつかない部分があったため、それを補正して、現在の日本から見た方位というのが定義されています。

それを踏まえた上で、2019年は、日本で暮らす人すべてにとっての凶方位が、北東と南西になります。

九星気学上での方位を勘案すると、今年は、東南アジアや、カナダ、アメリカに出向くのは、注意が必要な年😓

※旅行や出張で行かれる方は、月盤、日盤の良日を選んだり、日々の陰徳カウンター(道端のゴミ拾いなど)獲得を心がけておくと良いでしょう✨

本命星が五黄土星の人(僕の本命星でもあります)の場合、東と北西が吉方位なので、ハワイやヨーロッパが良い年。

「そっか…今年こそハワイの年⁉️」

みたいな妄想タイムにひたってみるのも、また一興🤔

ひと昔前なら、これを、リアルな地図に落とし込んだ上で、検討が必要でしたが、現代にあっては、アプリで確認できます🌟

海外旅行に行かれる方は、「あちこち吉方位マップ」というアプリ、無料でダウンロードできますので、使ってみてはいかがでしょうか?

また、あなたの本命星と今年の吉方位は、こちらで確認できますので、参考までに。

※海外旅行の場合、「日盤」、「月盤」、「年盤」のうち、「年盤」を第一に勘案します🌟ここが凶方位の場合は、(仮)現地時間での現地到着日に当たる「日盤」&「月盤」で、その方位が吉方位になる日を探してみましょう✨

【あちこち吉方位マップの設定上の留意点】

九星気学では、一般に、この方位設定を使います。
偏角設定はしなくて大丈夫🙆‍♂️