結婚するなら、◯◯だけは譲れない⁉️

九星気学の同会法によると、今年は、本命星が「五黄土星」の人にとっての、婚期到来🌟

※本命星を知りたい方は、こちらのサイトで生年月日と性別を入力の上、下記を参照💁‍♂️

五黄土星にとって、2019年は、自分の土壌を整えていく年であり、パートナー運としては、将来をきちんと考え合える…いわゆる、結婚したい異性にして、生涯の伴侶と言える人に恵まれる、9年に一度の好機💫

ご多聞にもれず、僕も、五黄土星を本命星に持ち、かつ、運気のサイクルも、絶好調の締めの年。

2019年を逃せば、名実ともに、独り身を貫くことになるんだろうなという、退路なしの自覚を持ちつつ、割と身近なところに、そういう人が現れるらしいので、周囲にさりげなく、紹介のご縁をアピール中だったりします☺️

そんな自分ごとはさておき、パートナーを決めるとき、あなたなら、

「ここだけはこだわり抜きたいポイント‼️」

と言えば、何でしょうか?

これまで、色んな形で、「相性」というのを見てきたところですが、その知見をフルに生かした上で、僕なら、四柱推命の「日干」の相性だけは、譲れないなと🤔

暦の日付には、「十干十二支」というのが、その日ごとに配当されていて、生まれた日に配当された「干」がどれに当たるのか?というのが、いわゆる、パートナーとの相性で肝になってくるところ✨

特に、ユニークなのは、この「干」同士が結びついて、化学反応を起こす、「干合(かんごう)」という概念。

十干それぞれには、磁石のように惹かれ合い、一度、結ばれると、他の相性では感じられないほどの、強い一体感を感じられる組み合わせがあるのです‼️

この「干」を持つ人同士が結ばれると、触れ合うことで一体化し、溶け合うような、至福のときを味わえるのです🌟

※心の相性もさることながら、体の相性も抜群の関係😉

組み合わせとしては、

甲(きのえ)⇄己(つちのと)

乙(きのと)⇄庚(かのえ)

丙(ひのえ)⇄辛(かのと)

丁(ひのと)⇄壬(みずのえ)

戊(つちのえ)⇄癸(みずのと)

の5つ。

調べ方は、こちらのサイトで、生年月日(出生時刻は不明で大丈夫🙆‍♂️)と性別を入れて、鑑定結果を出し、下記の項目を確認🌟

僕の場合は、「己」なので、相手が「甲」を持っている人が、この相性最良の人に当たります🎯

先日、これまで出会ったことのある人の中で、生年月日のわかる人を片っ端から入力してみたのですが、なんと、一人もおらず…😱😱😱

いかに、僕のパートナー選びの目が、節穴だったかが露呈😭😭😭

2019年、何としても探し当てたいものです🥰

さて、あなたのパートナーや、過去にお付き合いしたことのある人の中に、この最良の相性の方は、いらっしゃいましたか?

一度結びつくと、離れられない関係になるので、それが、不倫相手だったりしないことを願います😓

もしも、あなたが、今、お付き合いしている方の相性を知りたいときには、こうした要素以外にも、名前や数秘など、多角的な角度から、お伝えいたしますので、興味のある方は、こちらから、鑑定のご依頼あれ✨

あなたの存在が、誰かのパワースポットになっている⁉️

先日、購入した四柱推命の本を読み進めていく中で、ふと目に留まったのが、「相性」の項目。

↑ただいま、読破中‼️

生まれた日に配当されている要素(天干)でその判定をするのですが、その中に、「相性食神」というのがあり、これがまた、クリティカルヒット‼️

“あなたの方が、不思議と、一方的に相手に尽くしてしまう関係”

というのが、「相性食神」に当たる相手方との関係性😊

で、ここだけ聞くと、あたかも、「貢ぐ君」のような感じになるのでは?と思うでしょ❓

But、しかし、However、これがまた、

“その相手にとって、僕の存在が「パワースポット」になっている

と言われたら、どんな印象に変わるでしょう⁉️

要は、僕が持つ気のエネルギー属性が、相手方にとっての、超良質なエネルギー源になる関係なのです🌟

加えて、そんな僕からの、体力や知恵、時間の限りを尽くした奉仕で、こちらは深い充足感を得て、かつ、相手は、更なる輝きを手にし、結果的に、僕も、そんな相手方の姿を通して、有形無形の恩恵が得られる…と♪

察しの良い方は、お気づきかと思いますが、これが、男女の仲だったりすると、ステキな関係を築けるわけです😊

相手方にしてみれば、疲れ切っていて、夜の営みも億劫なときでも、軽くマッサージしてもらうだけで、ものすごい勢いで、元気をもらえるわけで…❣️

※むろん、夜の営みを通しても、良質な気をたっぷり受け取ることができ、「仙豆」を食べたように元気に💕

なんでまた、この「相性食神」がこんなに気になったかというと、僕のクライアントさんで、時々、ものすごい勢いで、サービス過剰なくらい、手厚くサポートしたくなる(たまにしてしまって反省することも😓)方がいらっしゃるのです。

別に、それは、相手がすごい素敵な女性で心惹かれて…という、恋愛感情的なものは一切抜きに、

“面倒をみてあげたくて仕方ない”

みたいな感覚なのです💦

スピリチュアルな方なら、そこに「前世の…」みたいな話になるのでしょうが、実は、そういう想いを抱いた方々が、皆、「相性食神」の相手だったことが判明したわけです😭😭😭

言うなれば、本能的に面倒をみてあげたくなるし、僕がそこに関わりを持つことで、実際、相手がさらなる輝きを手にすることができる、蜜月の関係🎑

まぁ、だからといって、関係を持ったりというのは、お仕事上の信用に関わるので、絶対にないのですが、「なるほどなぁ…」と、妙に腑に落ちたところです☺️

逆に、「相性偏印」という、惜しみなく愛情を注いでくれる最高のサポーターという相手もおり、こちらも、ドンピシャで、

「なるほど、この人が✨」

と、腑に落ちました♪

要は、「相性食神」の人をとことんサポートして、熱烈な口コミに繋げ、「相性偏印」のコアなファンの応援を惜しみなく受けて、自分のビジョンを広げていけば良いのだなと🤔(フムフム)

その後、これまで鑑定した方を洗いざらい検証し、かなりの確率で、この相性、しっくりくることがわかりました🌟

100%でないのは、他にも、数秘やホロスコープ、名前の要素など、これだけで判断できない要素があるので、そこはたいした問題ではなく、

“かなりの確率(今のところ90%以上)でしっくりくる”

というのが、重要なところ✨

さすがは、天下の四柱推命様…この知見、ありがたく頂戴つかまつります‼️

そんなわけで、男女の相性の鑑定は、ここにめでたく、アップデートが図られました♪

さて、あなたは、誰にとってのパワースポットになっているのでしょうか?

知りたい方は、四柱推命、深めてみると良いかも⁉️

自分で深めるのが面倒な方は、僕のところに、鑑定に来てみていただければと。

鑑定の依頼は、こちらから。

時代のテーマは、シンプルに分かりやすく🌟

ブログで反応率の良い記事の条件には、どのようなものがあると思いますか?

・目立つタイトルのキャッチコピー

・役に立つ内容

・目を惹く画像や動画

数え上げれば、いくつか出てくるところですが、意外と盲点になるのが、

🌟専門用語を使わないこと

だったりします。

占い師として記事を書く場合、例えば、

「今、木星が逆行しているので…」

と書いた瞬間に、”占い師ではない”読み手は、脳内変換を諦めて、別の記事へと流れていってしまう…といった具合に。

業界内での常識は、それ以外の世界の非常識。

この点を見落としているなら、その記事は、一般向けに書いているつもりが、”その道の関係者しか見ていない”記事になってしまっているかも⁉️

心当たりのある方は、時々、自分の記事を読み返して、「専門用語」をどのくらい使っているか、そして、それを、どのようにすれば、平易な言葉で表せるか、確かめてみると良いかもしれません。

話は変わって、先日、新聞記事に、ゲッターズ飯田さん推奨の「四柱推命」のオススメ本が出ていたので、購入してみました🌟

旧表紙の上に、ゲッターズ飯田さん大絶賛版の表紙が被さって、二重表紙になっているという、なかなかに斬新な体裁📕

専門性が高く、解釈に使う要素が数多ある中から、ここだけは押さえておいた方が良い点を、よくぞ、このページ数でまとめたものだ…というのが、素直な感想です✨

水晶玉子さんの文章力、表現力に、心からの敬意と感謝を🎉

ただ、十干十二支や、陰陽五行説のイロハがない状態で、最後まで読み解くのは、かなりシンドイので、買ってみようかなと検討中の方は、ご留意あれ💦

この書籍のおかげで、10年サイクルで訪れる人生の転換期や、人との相性で出る思わぬ傾向など、今後の鑑定に使ってみたいなと思うところが、いくつか。

一方で、予想はしていたのですが、「専門用語」のオンパレード😰

勉強して自分ごととして落とし込むならともかく、それを”わかりやすい表現で伝える”のは、また一苦労だなと…

その点、そうした複雑な要素を、春夏秋冬の巡る季節に綺麗に当てはめた、「春夏秋冬理論」は、一般向けに落とし込んだ良書だなと思うところで…

「シンプルであれ🌟」

煩雑化し、情報洪水の中にある現代にあってこそ、大切な概念なのかもなと感じたところです。

ちなみに、四柱推命は、使う言葉に、「衰」や「病」など、ネガティブなワードが出てくるのも、「うぅん…」と感じているところ。

文字通りの意味ではなく、”象徴的な”意味合いとして出てきている言葉なのはわかるのですが、鑑定書にそのフレーズが出てくると、読み手が妙なフラグを立ててしまいそうな感じが😓

個人的には深めていくけれど、どのくらい、今後の鑑定に生かされていくのは未知数な感じです☪️

もしも気になる方は、四柱推命でどんなことがわかるようになったのか、鑑定時にこっそりと聴いてみていただければと😉