「今年が50年に一度の幸運機‼️」と言われたら、あなたならどうしますか⁉️

先日、とある占い師さんとの会話の中で、

「占い師さんに「今年は50年に一度の幸運機」と言われたのに、彼氏できなかったんですよ!という女性がいてですね…😓」

ってな話があり…

その女性は、その占いをしてくれた人の占術に不満ありげだったとのことなんですが、僕がその話を聞いて思ったのは、

「えっ⁉️50年に一度のビッグチャンスを逃したんですか😱😱😱」

あまりの衝撃に、思わず絶句😓

その「50年に一度」が、どんな術式由来のものなのかは、定かではないのですが、そこまで言い切ったのなら、相応のチャンスの年だったのでしょう😉

50年に一度なら、おおよそ、もう二度と巡ってくることはないであろう、そのチャンスを、まさかフイにしたとは…というのが、正直な僕の感想でした💦

俗にいう、「強運期」や「好機」というのは、そのタイミングが来たからといって、待っていても、棚からボタ餅のように、幸運な出来事が降ってくるわけではありません。

あなたの「行動」に対する、「結果」が、然るべき流れにのったものとして、現れてくるものなのです🌟

その彼女が、どんな行動を起こしていたのかは、定かではありませんが、惜しいことをしたものだな…と😓

僕の中では、「運」というのは、ある意味、「フラグ」のようなものだと思っています。

「近いうちに不幸なことが起こりますよ‼️」

と言われると、「不幸フラグ」が立ってしまい、俗に、「不幸予測は当たる」という、業界用語があるくらい、「何か」が起きやすくなります😥

裏を返せば、「開運フラグ」もまた成り立つということで、

「今年は、後顧の憂いなく、全力でやりたいことができる年ですよ‼️」

と言われると、「実現フラグ」が立つわけです。

占い師さんのお役目は、いかに、このフラグの可能性を、的確に読み解き、それを生かす道を照らせるか…が、とても大事だと思っています。

さきの「50年に一度の好機」なんて話が、もし、本当に視えたなら、僕なら、全力で、いつのタイミングにどんなことをして…などを、ガブリ四つで詳しくお伝えし、なんとしても、そのチャンスを掴んでもらおう‼️と、言葉の限りを尽くして、説明していたんだろうなと☺️

とはいえ、「行動」を起こせるか否かは、相手次第😉

相手をコントロールすることは、占い師の領分ではない(と僕は思っている)ため、フラグを回収できる人もいれば、できない人もいるのは、やむなしなところ…💦

どれだけ、その「フラグ」に、リアリティを感じてもらえるように伝えられるか❓というのも、占い師の大事な資質の一つだな…と思うこの頃です。

あなたの2019年は、どんな年ですか?

開運フラグを一つでも多く回収できる一年でありますように✨

新元号予測‼️

流行ってるみたいなので、便乗してみた…的な😉

ポスト平成の時代背景を、ホロスコープや東洋占星術の知見で読み解いた上で、行き着いた新元号、それは…

「和合(わごう)」

「和」に、互いに争わず、仲良くするの意、「合」に、合わさる意をかけて、

古い時代の価値観と、新しい世の価値観が調和して、新たな時代の在りようを皆が享受していけるように…

そして、四柱推命の「干合」の概念にちなんで、新旧の価値観のぶつかり合いが、新たな価値観への変容を促し、名実ともに、新しい元号に相応しい世の中になるように…

ってな感じで予測してみました😌

皆さんは、どんな元号なら、しっくり腑に落ちますか?

占い師として、何を成し遂げられたら最高ですか?

独立して起業したことのある人なら、その決断をしたとき、何を成し遂げようとしていたでしょうか?

億単位のお金を稼ごうとしていましたか?

自由な時間を欲していましたか?

身近な誰かの役に立とうと思っていましたか?

そんな自分の”根っこ”の部分というのは、存外、時が経つと、忘れてしまうもの😓

例えば、僕が、これからの人生で、

「何のために占い師になったんだっけ❓」

と、ふと思うことがあったなら、それは、自分の軸がブレてきた証拠😥

自身の強みを知る、ストレングスファインダーという考え方の中には、「原点思考」という資質があります。

「そもそも」の部分を常に忘れない、ブレないチカラですが、僕の中にあるこの資質は、残念ながら、ボトム5に。

※34ある資質の中で、下から数えて五番目以内にあり、資質としてカウントしない方が良い部分なのです😓

なので、いつか、どこかで、立ち止まることがあった日のために、ここに、初心の想いを残しておこうと思います☺️

僕が占い師の道の先に見ているのは、

「皆が、共通言語として使える世の中になること」

例えば、お名前ならば、画数を気にする前に、その一音一音が持つ、強みや使命を勘案し、

「「あ」だと、アッと閃いたらすぐに動いちゃうから、長女には、落ち着きのある「お」がいいかもね✨」

みたいな会話が、ごく自然に、夫婦間で交わされる世の中。

例えば、春夏秋冬理論ならば、

「今年、夏1年目の絶好調サイクルだから、結婚、決めにいくわ‼️」

のように、自分の運気のバイオリズムを掴んだ上で、その年の生き方を選んでいける世の中。

誰もが、日常生活の中に、「生活の知恵」として、生年月日やお名前から読み解ける情報を、有効活用していけるる…

ポスト平成の時代が、そんな世の中になっていたなら、僕の占い師としてのお務めは、満了です🌟

占いに使う術式は、何も特別なものではなく、先人たちが残してくれた智恵の結晶です💫

平成の世に溢れかえった、「コーチング」やら、「カウンセリング」やら、「自己啓発」やら…そして、「占い」やら。

誰かを頼るのではなく、自身のことは自身で読み解けるようになれば、踏み出す一歩も、力強いものになると思いませんか❓

そのための一つのツールとして、占いの要素も、日常の中に取り入れていってほしいな…というのが、平成最後の年にあっての、僕の願い😌

無意識を司る星が、時代の迷い子に手を差し伸べるのも、あと数年のうちに終わります。

ポスト平成の世にあっては、

「ここに我あり」

と、自信と誇りをもって、前に進んでいける人たちが、時代を担っていきます。

一人でも多くの人が、その流れに、臆することなく、乗っかっていけるように。

一人でも多くの人が、進むべき道を見出せるように。

そして、一人でも多くの人が、自分自身の力で、人生を再構築していけるように。

「暮らしに役立つ占いの知見」、日本中に広めていきたいなと思っています✨

先日、募集をかけた、「啓心塾」も、そんな”野望”実現のための、第一歩😉

あなたも、ポスト平成の波に乗り遅れないために、新たな物差しと価値観、手にしてみませんか?

啓心塾へのお申し込みは、こちらから。

何を仕掛けますか?

今年は、星回り的に、伝統文化の再評価が行われる年と言われています。

茶道、剣道、柔道、弓道、華道、香道など、「道」と名のつくものの価値にも、あるいは、現代的なエッセンスが加えられることで、新たな魅力を帯びて再注目…みたいなことが起こるかもしれません⁉️

そのキッカケを担う一翼というのが、ITやAI、VRの技術。

例えば、剣道とVR技術が結びついたら、あたかも、「玄界灘の決闘」のようなシーンが再現された中での試合というのが、実現するかもしれません✨

例えば、ラーメン屋さんとデータベース技術が手を組んだなら、老舗の味もデータで表現できるようになり、誰でもラーメン屋さんを開業できるようになるかもしれません🌟

「さすがに、それはないだろ…」

そう思った、そこのあなたは、「大和麺学校」の取組み、ご存じない方でしょうか?

こちらの記事を参照💁‍♂️

そう、「もう始まっている」のです。

平成の世にあっては、時代があなたに追いついていなかっただけ。

そう思い続けてきた「何か」があるなら、それを仕掛けるのは、いつですか?

「今でしょ‼️」

何と組み合わせるのか?

あるいは、誰と組むのか?

自由なる発想と、現実世界での実現と。

両者がスクラムを組む、次なる時代に向けて、

「あなたは、何をもって、”ここに我あり”を発信していきますか?」

願わくば、あなたが、この時代にあって、「仕掛ける何か」を持った人でありますように✨

今、ここで、それを持たないあなたでも、それを仕掛けていける時代になるという、「見通し」をもった上で、

「動き始めるのは、いつですか❓」

余談ですが、ポスト平成時代の感性を先駆けした記事が、先日、目に留まりましたので、ぜひ、ご一読あれ🌟

9年に1度、やる気がドン底モードに陥るタイミングがあるって、知ってましたか⁉️

九星気学の世界には、その年の立春から始まる1年のバイオリズムを知るための、同会法という手法があります。

平たくいうと、自分の本命星が、毎年、九つの星のうちの一つのお宿に、ホームステイしているイメージです✨

で、「一白水星」のお宿にホームステイするときというのが、要注意なタイミング😥

一白水星は、方位でいうと「北」、季節でいうと「冬」に当たるところで、「水」のエネルギーを持つため、「冷え込む」という意味合いが伴うところです❄️

イメージしてみてほしいのですが、真冬の極寒の宿にホームステイするとして、外に繰り出して遊びたいと思うでしょうか⁉️

つまり、ここにホームステイするときというのは、

「あぁ、お外で遊びたいな〜でも寒そうだな〜😓😓😓」

という感じに。

やりたいこと、やるべきことがハッキリわかっているはずなのに、体が動かない‼️ってなことが起きるわけです。

特に、この前年のホームステイ先が、「九紫火星」にあって、炎の勢いで、やり抜きたいことに全力で臨めただけに、ギャップ感がハンパないわけで💦

お子様とかだと、この時期、「引きこもり」が起きやすいので、要注意😥

一生懸命頑張り抜いた一年があったからこその、「充電期間」というのが、一白水星の宿に滞在中、心がけるべきことなのです☺️

ゆえに、「動く」ときではなく、「今後の計画を練る」年にしていくことが求められます。

かくいう僕も、独立した年の立春からが、もろにこの期間に差し掛かっていたため、

「メンタル病んだのか⁉️」

と思えるくらいの、このやる気の起きなさに、本当に、シンドイの一言に尽きるものがあったなと💦

2019年に入って、次なる二黒土星へとお宿を変えるタイミングを迎えて、ようやく、モチベーションが回復してきたのは、本当に僥倖だったなと☺️

さて、2019年の立春からは、本命星が四緑木星の方が、この一白水星のお宿へとコマを進めます。

※本命星の調べ方は、こちらから。

行動意欲がわかない一方で、頭はクリアに冴えわたるので、今後の人生のための計画、じっくり錬る一年にしてみては、いかがでしょうか❓

ちなみに、体も冷え込み、体力も落ち込むタイミングなので、体を温める、源泉かけ流しの温泉♨️がオススメです✨

四緑木星の皆様におかれましては、冬至を迎える頃合いには、少しずつ、やる気も回復してきますので、くれぐれも、無理はなさらぬように…

知識よりも技術よりもコミュニケーション能力よりも、大切なのは◯◯◯◯◯⁉️

もしも、あなたが、占い師として独立デビューするとして、その活動が長続きするか否かを決める、決定的な要素とは、何だと思いますか?

専門性の高さ?

寄り添い力の高さ?

集客のノウハウを持っていること?

かつて、春夏秋冬理論を極める、ライフロジック・パートナーの講座で、講師の神田昌典さん(日本有数のマーケッター)から伝えられたのは、

「身だしなみ」

意外な答えだったでしょうか❓

占いに限らず、様々な業種に、共通して言えるのが、キチンとした身だしなみで、その仕事に臨めているかなのだそうです☺️

どんなに秀でた知識や技術を持とうとも。

どんなに素晴らしい共感力があろうとも。

どんなに優れたマーケッターとしての知識があろうとも。

そもそも論の「身だしなみ」のところで、清潔感がなかったりすると、フェードアウトもまた、時間の問題なのだそうな💦

「あなたは、いつでも、身だしなみに気をつけていますか❓」

友人がその知人と一緒に鑑定に受けにくるから…と、ラフな格好で臨んだりしていませんか?

プロフェッショナルとしてのあなたの姿は、いつでも見られているという意識が大事😉

また、あなたは、女性目線で見る「清潔感」が、文字通りの”清潔”だけを意味するものではないことを、理解できていますか?

僕の場合、デビュー前に、ファッション&印象コンサルを受けてみて、初めて、気をつけるべきポイントが、ズレていたことがわかりました💦

ときに、自分にとっての「これで良い」は、相手目線での🆗に、かなっていないことがあるものです😓

占い師🔯の場合、女性のお客様と向き合うことが多いと思いますので、特に男性の占い師の方は、一度、女性目線での「キチンとした」とは、どのようなものなのか、確認してみてはいかがでしょうか☺️

目標を決める生き方と、目標を決めない生き方、どっちが良いの⁉️

昨年(2018年)、よく耳にしたのが、

「目標は定めない方が良い」

という生き方。

要は、「こうしよう」と決めて動く良りも、「こうしたい」という感覚に身を委ねる方が、物事は、自分の枠を超えた広がりを見せていく…と。

僕も、試しに、2018年は、「目標を定めずに」の方を実践してみたのですが、やる気のバイオリズムが底辺の年だったこともあってか、見事に、年の大半をふいにしたなと😓

そこで思ったのが、「目標を定めずに生きる」ステージに、まだ立てていなかったのでは?と🤔

自分のメインの収入の柱と生き方を確立して、生計を安定させた上で、第2、第3の収入の柱までを整えて…

要は、目の前の収入の増減にアタフタするような生き方をしている段階では、まだ、

「目標を立てる生き方」

が必要で、それを乗り越えた先に、逆に、「目標を定めない生き方」の芽が生えてくる…みたいな🌱

独立して1年間を過ごしてみた上で感じた、この感覚が、果たして合ってるのか否かは定かではありませんが、とりあえず、2019年は、「目標」を立てて臨もうと決めたところです☺️

ここでまた、「100個のウィッシュリスト」を作るといった、色んな手法があるものですが、元号も変わる、節目のこの年にあっては、シンプルに、

「公務員時代の年収を超える‼️」

をテーマに、この一年を過ごしていきたいなと。

その次なる目標は、消費税の課税事業者になること😌

ここまでを達成できれば、まずは、占い師デビュー後の「第1ステージ」は、クリアかなと。

そのためにも、今年は、できることは全力で仕掛けて、昨年動けなかった分を、しっかりと取り返していきたいなと🌟

あなたの2019年には、「目標」は必要ですか?

自分に向いていることがわからないなら、◯◯すればよい⁉️

「占い師になろうと思ったキッカケは何ですか?」

と、最近よく聞かれます。

様式美に則るならば、

昔から占いに興味があって…

のくだりから始まるところなんでしょうが、僕の場合は、全くもって、斜め上の角度から、この道に足を踏み入れています😓

元々は、「ストレングスファインダー」という、個人の強みを診断するツールを使って、プロファイリングを行っておりました💁‍♂️

上記は、34ある資質の中の、僕の「トップ5」と言われる資質なわけですが、これをもとに、適職や生き方のアドバイスをしていたわけです。

ところが、この道には、二つの大きな問題点がありました。

一つには、そもそも、「ストレングスファインダー」という言葉自体に、世の中での通用力がなく、知らない人には、

「ナニソレ、オイシイノ❓」

くらいの感じでしか伝わらなかったため、この道で独立するのはかなりハードルが高かったという点。

※ツールとしては、有用性が高くて、使い勝手も良かったのですが…💦

二つ目は、この診断結果の中で、明らかに自己矛盾する要素が、同時に混在し、それが悩みのタネになっている人が少なくなかったという点😱

例えば、石橋を叩いて、壊れるくらいなら渡らない方が良いと考える「慎重さ」と、いつやるの?今でしょ!タイプの「活発性」を同時に持っている場合をイメージしてみると…💭

動きたい衝動と、動く前にじっくり考えぬきたい想いが同時に湧いてくる…想像するまでもなく、生き方が大変そうな感じですよね😓

このとき、僕が思ったのは、その人自身が、”本質的に持っている”部分とは、どっちの要素なのだろう?と🧐

仮説として、その人の「本質的な部分」と、社会に出てから培われた「後発的な才能」を、分けて考える必要があるのでは?と、考えてみたわけです。

察しの良い方は、ここらでビビビッ✨ときたかもしれませんが、そのために目を向けたのが、「占い」の世界だったわけです。

名前の一音一音がもたらす個性や生きる道筋、生年月日により定義された人格や素質…等々。

ベースになる素質に対して、社会に出てから磨きをかけられ、備わった後付けの才能。

これらが、矛盾していなければ、素直に受け止めて、自分の人生を生きられるし、そうでなければ、葛藤が生まれる…と😣

そんな感じで、占いの知見を取り入れているうちに、あるとき、言われたのが、

「ストレングスファインダー、要らないんじゃない❓」

それから、占いのみに特化した100人無料鑑定を経て、術式を固め…と、今日に至るわけです☺️

好きだからやってみて、その道のプロに…が一つの道のあり方なら、目の前のことに全力で、片っ端からやり抜いてみるうちに、活路を見出したというのもまた、一つの道への到達法🌟

僕の場合は、典型的な、後者のパターンだったわけで✨

公務員を辞めて独立したいというのは、かねがね思っていたことではあるのですが、

「どのジャンルで?」の部分が定まらなかったために、

・投扇興の伝道師

・フリースタイルけん玉パフォーマー

・ストレングス・プロファイラー

と、さまざまなアプローチの末、行き着いたのが、まさかの(自分にとっても全くの予想外の)占い師だったと😂

何が向いているかを暗中模索していた時代…@カミギン島(フィリピン)

遠回りに要した時間も長かったですが、その分、人間味にも磨きがかかったと思えば、存外、悪くない展開だったのかなと☺️

とはいえ、人生は、思いのほか短く、気付いたときには、あと1サイクルくらいしか、仕掛けるタイミングが残っていない中、背水の陣で臨まねばならないことも多いもの💦

進むべき本来の道筋を確かめ、仕掛けるべきタイミングを、未来予想図をもとに練れるアドバンテージは、計り知れなく大きいものです。

もし、あなたに、やりたいことがあり、

「いつやるの⁉️」

と、悩んでいるなら、僕の鑑定、一度受けてみてはいかがでしょうか?

幸いなことに、ポスト平成の時代は、そんなあなたの生き方を、夜空の星も全力で応援してくれる世の中になるのですから💫

鑑定の依頼は、こちらからどうぞ。


占い師のお仕事とは、不幸フラグを立てることではなく、◯◯フラグを立てること✨

占い師に占ってもらうのを、怖いと思っていませんか❓

その想いを抱く源泉には何があるのかと問われれば、

「悪いことを言われるんじゃないかと思って…😰」

という、イメージがあるからではないでしょうか?

実際、かつてお茶の間を賑わせていた占い師の中には、

「このままじゃ、あんた、◯ぬわよ‼️」

的な発言で、「占い師って怖い」と、刷り込まれた人も多いかもしれません😓

では、占い師の果たすミッションとは、どのようなものなのかと言われれば、それは、

“不幸フラグを立てることではなく、開運フラグを立てること🌟”

「あなたの未来に不幸の兆しが見えます」

という伝え方をすると、あなたの未来に不幸フラグを立ててしまうことになりますが、

「あと一年、シンドイところとしっかり向き合えば、オリンピックイヤーには、霧が晴れて、あなたの人生のリスタートの時を迎えることができますよ🌟」

と言われれば、どうでしょうか?

どんなにシンドイことがあっても、いつ頃まで続くのかの先行きが見えれば、もう少しだけ頑張ってみようと思えませんか?

また、そのシンドイ期間と、どのように向き合っていくことが大事なのかという、具体的な指針や心構え、対応策が聴けたなら、立ち向かう勇気をもらえるのではないでしょうか?

伝え方ひとつ。

それが、占い師としての、占術以前の大切な資質が問われているところだったりします。

然るべき占い師のもとに足を運んだなら、あなたが受け取るのは、怖い想いではなく、明日への一歩を力強く踏み出す「勇気」💪

2019年は、今までの自分ならとらなかった行動を、思い切って取り入れてみることが、事態打開への突破口を見出すキッカケになる年。(九星気学にいう、変化と改革を司る八白土星中宮の年)

占いはちょっと…と、食わず嫌いで敬遠していたあなたにこそ、ぜひ一度、その扉を開いてみていただければと😉

ちなみに、僕の鑑定は、上記のとおり、怖いこと言われることはありませんので☺️、お試ししてみたい方は、こちらから💁‍♂️

本気で生きてますか?

ホンマルラジオというラジオ番組をご存知ですか❓

本気で生きている人を応援する、インターネット配信のラジオ番組📻

このラジオの良いところは、収録した番組が、オンライン上に残っているので、出演後も、いつでも聴くことができるところ。

一方で、ユニークなのは、出演料を出演者が支払うという点。

広告宣伝を通した特定企業との結び付きを断ち、独自運営を標榜することで、配信の中立性を保つためです✨

僕も、占い師として独立して間もない頃、ホンマルラジオ北海道の番組に出演したことがあり、当時の配信を下記から聴くことができます🌟

えるびすのゆるっとまるっと!【第19回】ゲスト:八百万(やおよろず)人生相談本舗 筆頭鑑定士 啓心(けいしん)「 名前が持つ一音一音の力」

聴き返してみれば、まだ自分の術式の名前も定まっていない頃合いの、初々しさが伺えるところです☺️

あれから約1年の月日を経て、九星気学、カバラ数秘、東洋&西洋占星術と研鑽を深め続け、気づけば、鑑定内容も、信じられないくらいにアップデートしたものだなと🥴

今もって、進化の途上🌪

これが完成系というところまでは、未だ行き着いていませんが、少なくとも、

“本気で生き続けた一年だった”

と、一年前の自分に、胸を張って言えるのは、グッジョブだったかなと😉

啓心(けいしん)の「い」は、今をイキイキと生きる力。

あなたは、過去に囚われず、未来にも縛られず、今、ここ、私を、全力で生き抜いていますか?

一度しかない人生。

あなたが、その一歩を踏み出すのは、いつですか?