これを知ってしまったら易占がクセになる⁉️最優応用占技

易を占術に取り入れる上で、僕にとって最もハードルが高かったのが、“希望を見出す余地のない”占断結果が非常に多い点😓

この点については、占いを通して、未来への活路を見出してほしいというマイコンセプトに、真っ向から急ブレーキをかけてくるのです💦💦

例えば、”「地天泰(ちてんたい)」の上爻”が出た場合…

シンプルに、地天泰(ちてんたい)を、初爻から上爻まである6種類のうちの”上爻”として、その意味を読み解く場合、

“運気衰運で、落ちぶれ、潰れ、崩れ去るとき。統制が取れない状況。恋愛はうまくいかず、結婚は凶、望みごとは叶わず、試験は実力不足で不合格”

という結果に💦

夢も希望も、全く見出す余地がないのが、この占断方法をとった場合の特徴なのです😓

裏を返せば、ハッキリと、ダメなものはダメと出るのが、ある意味、易の最大の良さではあるのですが、僕の占術スタイル的には、

「じゃあ、どうすれば良いの?」

が示せない時点で、この占断結果のままでは不満足💦

同じような悩みを抱えている方がいるなら、「之卦(のか)」という手法がオススメです🌟

やり方は、極めて簡単で、立てた卦(メインの占断結果となる「本卦(ほんか)」)に対して、得た爻の部分の陰陽を反転させて得た卦が、「之卦」になります。

本卦が、現在の状況や運勢を示すのに対し、之卦は、それが今後どのように変化していくのかを示します。

先の事例の場合は、下記のとおりの解釈になります。

上爻にあたる一番上の陰(- -)を、陽(ー)に反転させることで、之卦として、山天大畜(さんてんたいちく)を得ます。

まず、本卦の「地天泰(ちてんたい)」について、一般的な意味合いからその解釈をとり、”物事は順調に運ぶ運気”と読み解きます。

次に、今後の見通しとしての「山天大畜(さんてんたいちく)」についても、その一般的な意味合いから解釈を得て、”腰を据えてじっくり取り組みが必要な状況になる”という意味で捉えます。

以上の観点から、

“地道な努力を怠り、現状に甘んじていると、危機的な状況へのカウントダウンが進むので、油断や慢心を抱くことなく、未来への備えをしていきましょう”

というメッセージになってくるわけです。

八方塞がりな意味にしかならなかった、最初の占断と比べると、未来に向けた”メッセージ性”が高まっているのが、この之卦をとる魅力です☺️

ライバー配信を通して、幾種類かの易の占断方法を試みているのですが、この本卦・之卦の組み合わせが、一番しっくりきているこの頃🤔

易のシュールな占断結果にアレルギーのある方も、ぜひ一度、本卦・之卦が織りなすストーリー性からメッセージを読み解くこの手法、試してみてはいかがでしょうか❓

易占いのマストアイテムといえば、これ‼️

易占いと言うのを受けたことがあるでしょうか?

陰(–)と陽(ー)の組み合わせをもって、特定の占い結果が示されるんですが、いかんせん、

「火雷噬嗑(からいぜいごう)ですね🤔」

と言われても、名前自体から、どんな意味合いなのかを想像するのが難しく、解説内容をその都度聞かないといけないのが、難点💦

僕も、最近、ライバー配信の中で、易(サイコロを使う簡便なやり方)を取り入れているのですが、いかんせん、伝え方に苦慮する日々😓

そんな悩みにも、ついに解決の糸口が⁉️

易占いの大家、高井紅鳳氏が手がけた『易占タロット』。

って、”タロット”の要素は、カード自体には全く反映されていないのですが(むしろそこはグッジョブ👍)、易の占い結果を、極めてわかりやすくビジュアル化してくれており、イメージしやすいのが素敵なところ☺️

占断の肝となる「漢字」(上図では、「噬嗑(ぜいごう)」がそれに当たり、噛み砕くという意味があります)がしっかりと描かれ、陰陽の図も網羅。

カードの質も大変良質で、文句なしの仕上がり🌟

このカードを見てもらいながらの解説であれば、ライバー配信でも、視聴者にわかりやすく伝えられるため、購入した甲斐があったなと♪

2002年に発売されたもので、販売されているところも少なく、手に入りにくいものではあるのですが、易を自身の占術に組み込んでいる方には、お勧めの秀逸品ですので、チェックしてみると良いかと😉

このカードも交えた、易占いについては、LIVE812の配信(2021年現在、毎週、火・木・土の午後9時〜11時)にてお届けしていますので、興味ある方は、配信枠でコメントいただければと✨

まだアプリインストールがお済みでない方は、こちらから👇

LIVE812の世界へ❣️

また、同アプリ内のプライベートイベントとして、2月3日(水)午後10時30分〜深夜未明まで、筆文字かなえさんとのコラボで、

「立春開運・易占い」

をお届けします。

こちらは、筆文字かなえさんの枠で、コメントを通して、僕が2021年の運勢を易で占い、それをかなえさんが、即興でメッセージアートとして仕上げてくれる企画です☺️

当日、かなえさんの配信枠のコメント欄にて、先着順で受け付けいたします。

仕上がったメッセージアートは、かなえさんのライブコマースからご購入いただけます😉(購入しなくても🆗)

参加自体は無料ですので、ぜひぜひ、ライバー名「筆文字かなえ」をフォローの上、当日、ご来訪あれ✨

東洋最古の占いといえば?

東洋占術の中で最古のものといえば、「(えき)」が名乗りを上げてくるところです。

陰陽論を極限まで突き詰めていった先に見出された占術で、その後生まれる様々な占術にも大きな影響を及ぼしています。

「でも、易って難しそう😓」

確かに…僕も占い師を志して、二度、易については挫折経験が…💦

一度目は、とにかく“覚える”量が多すぎて、頭がパンク😅

二度目は、「なぜその意味が出てくるのか?」がわからずに、心が折れる…

ここでポイントになるのは、”二度目の挫折の理由”について。

例えば、易の代表的な卦(占断)の中に、次のようなものがあります。

左:山澤損(さんたくそん)、右:艮為山(ごんいざん)

右の「艮為山」については、”山”の象意が2つ掛け算されているため、どっしり構えて安定、動かざること山の如しのような意味になるので、非常にわかりやすい意味合いに。

一方で、左の「山澤損」はというと、「山」の象意と「澤(水溜り、沼)」の象意の掛け算からできているのですが、なぜに、その掛け算から、”損をする”という意味合いが出てくるのでしょう?

この素朴な疑問が残る中で、丸暗記しようとしたのが、二度にわたる挫折の原因💦

ならば、3度目の正直は…そう、どこからその意味がもたらされてきたのかについて、ようやく理解が追いついたのです🎉🎉🎉

いやはや、長い道のり末に、ついに…という感じですが、そもそも、なぜ、そこまで「易」にこだわったのか🤔というと、そこには、僕の占術体系の”穴”を埋める目的があったりします。

というのも、そもそも、”命術(生年月日から読み解く)”特化型から始まった、僕の占い師生活。

ライバー配信という、新しい活躍の場を得て、コーヒーカード、ペンデュラムと、占術の幅を拡大していったのですが、

「明日のイベント、どんな感じになるか占ってください」

そんな素朴な”吉凶”を、手軽に占えるツールがなかったことに気づかされたのです😓

その人の生年月日を聞いて、命術で翌日の運勢を出す手もあるのですが、ライブ配信のように、フラッと立ち寄るような方が多い場で、それだけのために生年月日を聞くのも…といった葛藤が💦

生年月日も個人情報なので、提供したくない方も一定数いることもあり…

そんなときに思い出したのが、吉凶がハッキリと出てくる、「易」占いだったわけです☺️

名実ともに、「三度目の正直」で、ついにモヤモヤの正体を解き明かした…までは良かったんですが、“吉凶がハッキリ出過ぎる”という、別の問題が発生😓

僕の占いは、”占いを通して、明るく元気になってもらう”がテーマなのですが、易は、このコンセプトに真っ向からバッティングする、衝撃の占い結果が多数😱

しかし、めげずに、突破口を求めて、周りの占い師さんから情報収集をした結果、その問題も、ついに、攻略の糸口を看破‼️

かくして、最近のライバー配信では、「易」も仲間入りし、今日に至ります。

そんなわけで、これまでに積み上げてきた”易との向き合い方”で得た知見をもとに、1月中は、

“易を学ぶコツ”

というのを、皆様にお伝えしていきたいと思います。

占い自体に興味はなくても、かの孔子をはじめ、様々な思想家にも影響を与えた、「学問」としての側面は、知っておく価値ある部分になっていますので、ぜひぜひ、お付き合いいただければと😉

卜占の道具といえば❓

近未来の行く末を占う道具といえば、タロットカードやルノルマンカード、易の筮竹などが代表的ですが…

「オリジナリティが欲しい🤔」

カバラ数秘で、前世から「3」の”ジ・エンターテナー”を受け継ぐ僕としては、他者とかぶらないもので新しい何かを…と、探し求めた結果、一周まわって、「トランプ占い」に行き着きました💫

もともと、トランプゲームを発展させて、タロットカードが出来上がっているため、タロットの小アルカナから、騎士のカードを抜けば、トランプになるわけなので、タロット占いの小アルカナ版と思えば…🤔

それでも、もう一手、インパクトがほしいなと欲張ってみたところ…

アイヌ語トランプ…なるほど、この仕様なら、記載のアイヌ語を用いたワンカードリーディング要素も加わり、道外でのイベントでも、北海道らしさが出せる⁉️

そんなわけで、STVラジオのアイヌ語ラジオ講座を聴きながら、アイヌ語それ自体にも造形を深める昨今です☺️

お披露目できる領域に到達できるかは、乞うご期待ということで…

そして、先日から購読し始めた占い系季刊誌「マイカレンダー」にて一目惚れした…

「コーヒー&ビスケットカード」を入手🌟

こちらは、ルノルマンカードの流れを汲んだもので、当時流行したコーヒー占いのモチーフになったものをカード化したもの。

そのため、8割くらいのカードは、ルノルマンカードと同じなので、ルノルマンにはないカードの象意さえ押さえてしまえば、こちらも、かなりオリジナリティの高いツールとして使えるかなと✨

ルノルマンカードよりも4枚少ないのですが、それ自体はたいした問題ではなく、原理はルノルマンカードのそれと同じなので、グラン・タブローなども問題なくできるなと🤔

そんなわけで、遠い昔、カードリーディングを習っていた当初の知見を、ついに、卜占で活かすときが…⁉️

着地点は、まだ見えていませんが(迷走していないことを願う)、「命・卜・相」の三大術式網羅に向けて、目下、爆進中です💨

皆さんは、どんなお気に入りのカードを使っていますか❓

大吉を引いたはずなのに、厳しいことが書いてあるなと思ったことはありませんか?

あなたは、神社でおみくじを引いて大吉だったとき、その記載内容をじっくり読んでいる人でしょうか?

よくよく読み下してみると、大吉には、今後の見通しで割と手厳しいことが書いてあったりします。

そこには、易占などで大切にされている概念、「中庸(ちゅうよう)の徳」にまつわる価値観が込められています。

平たく言うと、「過ぎたるは及ばざるが如し」のことわざにあるように、極端に多過ぎることは、極端に少な過ぎるのと同じくらい良くない、転じて、やり過ぎるのも良くないけれど、やらな過ぎるのも問題であるということ。

ちょうど良い按配で行動できる人が望ましいというのが、「中庸の徳」が示す在り方なのです。

易占の中でも、例えば、

「乾為天(けんいてん)」という組み合わせは、天は健やかにあり、発展開運という吉の象意の中にあって、三爻(さんこう)では、陽のエネルギーに任せて、勢いに乗りすぎると危険という占断がなされます。

最高の吉運に恵まれているときであったとしても、やり過ぎることのないよう、「中庸」のスタンスを促す価値観は、易占では、占断の随所に見られるところだったりします。

論語などと並ぶ儒教の四書の一つでもある、この「中庸」は、日本にも大きな影響を与えています。

その名残が、今もおみくじの中に見られるというわけです。

そうしたことに想いを巡らせてみると、僕も、日本で発達した占いの術式を数々取り入れてきた中にあって、

「吉運のときだからこそ、ガンガン攻めよう!」

と、なりがちだったなと、少し反省モードに。

易占を通して学んだ、この中庸さについても、今後、鑑定の中に取り入れていきたいなと思っています。

さて、皆さんは、「中庸の徳」、備えている人でしょうか?