天中殺は怖くない⁉️

世に言う、天中殺や大殺界…

言葉だけ聞くと、

「怖いことしか起きないでしょ‼️」

という、強烈なインパクトを持つ言葉ですが、僕は、鑑定時、この部分は、春夏秋冬理論の「秋の収穫祭」という表現を好んで使っています☺️

要は、この期間は、一生懸命、自分の土壌を耕し、手入れを怠らなかった人にとっては、「収穫祭」であり、手入れを怠った人にとっては、「不作」の秋になるということ。

では、手入れを怠っていた場合、どうなるのかというと、

“出来事がそれを教えてくれる”

となります。

たとえば、本当はやりたいことがあったのに、目の前の仕事でいっぱいいっぱいのままに、何の準備もできずに秋まで来てしまったのなら、職場でパワハラの上司のもとに転勤になり、鬱になって休職することになったり、勤め先自体が倒産して、フリーの身の上になったり😓

自分とじっくり向き合い、何を大切にしていて、どのようなことをしたいと思っていたのかを思い出すために、怪我をして入院する場合や、肉親の逝去などを通して、その”何か”に気づかされることも💦

起きた出来事一つ一つは、端点でとらえると、「不幸」と映るところですが、人生を大局で見据えたとき、そこで気づかされたことというのが、次の12年サイクルの礎となっている…それが、「秋」特有の学びのあり方なのです。

ありのままを「収穫」として素直に受け止めることができるのかが、この時期にとても大切なことなのです☺️

裏を返せば、ここで、抵抗して、何としてもと我を通そうとしてしまうと、

“さらなる出来事がそれを教えてくれる”

という、軌道修正のスパイラルに揉まれることに💦

「秋」期が訪れたなら、意図して枠を広げていくサイクルがひと段落し、

“意図せずに枠が広げられていく”

という、受け身のサイクルに切り替わったことを意識することが大切です☺️

また、新たな物の見方や捉え方を学んでもらうために、様々なお誘いがかかるのも、「秋」期の風物詩の一つ✨

例えるなら、日本食が好きなのに、ベトナム料理を食べに行こうとお誘いがかかるような感じです。

ここで意識すべきことは、あなたが、ベトナム料理が好きか嫌いかではなく、秋の時期に、そういう斜め上からのお誘いが来たことに意味があると思い、まずは出向いてみる気持ちを持つこと🌟

ベトナム料理はやっぱり合わなかったというのが学びかもしれませんが、食べに行ったお店の店主と仲良くなって、ベトナムに出向くことになり、次のサイクルへの道筋が見えてきたり、たまたま隣に座っていた人が、次のサイクルのキーパーソンだったり。

かかったお誘いの意味は、後からわかる…くらいの心持ちで、「拒まずに、まずは受け入れてみる」ができるかどうかが、秋の時期を上手に乗りこなす秘訣です😉

意外なお誘いという意味では、存外、出したことさえ忘れていた懸賞に当たっていた…なんてことを体感される方も⁉️

自分にとって、それほど興味関心のなかったオペラや映画などを通して、新たな物差しを得たりということもありうるため、今、秋のサイクルにいらっしゃる方は、実証してみるとよいかもしれません😉

とかく、色んな出来事が起きやすい時期の中、心身ともに疲弊しやすいところですが、降り止まない雨はないように、秋のサイクルも、きちんと終わりが訪れます。

先行きが見えないと、「いつまでこんな状況が続くんだろう?」と、不安が不安を呼んで、さらに自分を追い詰めてしまうところ💦

今の自分のままならない状況に不安を感じている方は、こちらのサイトで、自身の立ち位置、確かめてみてはいかがでしょうか💁‍♂️

矢印の箇所が「秋」になっている方が、現在、秋のサイクルの方です。(※秋1年目〜秋3年目まであります。)

過ごし方に少しコツがある…という原理がわかってしまえば、何も恐れることはありませんので、むやみに怖がらずに、「秋」という季節を味わってみていただければと…⁉️

トキメキを感じたいなら、この男性⁉️

以前投稿した、結婚相手を選ぶときの参考要件、意外と(?)好評だったので、今回は、女性から見た、

「恋愛を楽しめるお相手は❓」

について。

例によって、春夏秋冬理論の生まれの属性を使いますので、診断サイトの方でご確認ください。

生まれの属性別に見た組み合わせは、下記のとおりです🌟

春生まれの女性→春生まれの男性(恋愛の機微を軽やかに楽しめます😉)

夏生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを認め合えると、熱愛カップルに🥰)

秋生まれの女性→秋生まれの男性(趣味が合えば、打てば響くようなおしどりカップルに☺️)

冬生まれの女性→夏生まれの男性(遠距離恋愛や年齢差など、障害があるほど恋心が燃え上がります😎)

最近、恋やトキメキにご無沙汰だな〜😓と感じているなら、周りの男性の生年月日、片っ端から調べ上げてみてはいかがでしょうか❓

なお、今回は、あくまで、「恋愛を楽しめる」をテーマに選んでいますので、結婚相手に相応しいかは、また別のお話というのを、お忘れなく…😉

パートナー選びは、「当たりをつける」ことが大事🌟

あなたは、パートナーを選ぶとき、どんな要素を気にかけますか❓

容姿や経済力、趣味の一致や人柄など。

その要件となりうるものには、様々あるかと思いますが、それゆえに迷い、その一歩を踏み出せずにいませんか⁉️

お付き合いを始める前に、様々な要素を勘案しすぎると、往々にして、そもそもお付き合いが始まらないジレンマに陥りがちです😓

かといって、なりふり構わなければ、「んっ⁉️」と思う相手を引き当ててしまう確率も高まります😭

そんなあなたに、一つ、「シンプルな物差し」を提供したいなと🌟

これまでの恋愛相談の鑑定で、一番、成約率が高かった「秘伝の…」というほどのものではないですが、「当たりをつける」のには有効な手法があるのです✨

それが、春夏秋冬理論の生まれの属性を用いる方法。

まずは、このサイトで、あなたの生まれの属性が、「春生まれ」、「夏生まれ」、「秋生まれ」、「冬生まれ」のどれに当たるかを調べてみてください。

ここで気をつけていただきたいのは、あなたが夏の季節に生まれたからといって、「夏生まれ」に当たるわけではない点です💦

あくまで、これは、その季節のイメージを持つ人という意味なので、必ず、さきのサイトで調べるようにしてください🙇‍♂️

さて、あなたの生まれの属性がわかったなら、次の相手が、ロックオン対象です🎯

春生まれの女性→冬生まれの男性(お互いを気遣う優しさを忘れなければ、どんな問題も一つ一つ乗り越えていける夫婦に😌)

夏生まれの女性→夏生まれの男性(妻が、夫をいつまでも恋人だと思って接し続けると、ラブリーな夫婦に☺️)

秋生まれの女性→夏生まれの男性(苦手分野を分担し合うことで、いつまでも恋人同士のような夫婦に🥰)

冬生まれの女性→春生まれの男性(夫に尽くされて、妻は生き生きと自由に自分の人生を楽しめる関係に😉)

今回の選び方は、夫婦生活に折り合いをつけていきやすい…を目安に選んでいます。

なので、お付き合いしているときにラブラブなカップルに💓というのは、実は、想定していません🙇‍♂️

つまり、恋愛のアヤを楽しむには、少し物足りない相手に思うかもしれません💦

一方で、お付き合いを経て、信頼関係が築けると、末永く、折り合いをつけていける相手でもあるわけです😉

この生まれの属性は、相手の生年月日の情報があれば、すぐに割り出せますので、「第1要件」のフィルタリングに設定しておくと、かなりの確率で、絞り込みが可能です🌟

この話をすると、きまって、「生年月日を聞くと、警戒されないか…」と気にされる女性が多いですが、男性の場合、「相性占いに使うの」とか言われると、割とサクッと教えてくれたりします✨

※相手側に少なからずの好意があると、特に有効🌟

実際、鑑定中に、LINEでメッセージを送って確認してもらったら、すぐに返事がきたケースが多々あります☺️

あるいは、Facebookの基本情報に、生年月日を載せている場合もあるので、そちらを確認してみてもらうのも、一つの手です✨

細かいことを言えば、ホロスコープや名前、数秘の要素なども絡むところですが、まずは、お付き合いしていく相手を選ばないことには…ですので、参考にしてみていただければと♪

ちなみに、男性側から見た場合の、結婚相手にしたい女性というのは、また少し違った解釈の余地があるため、上記の→を単純に反対にすれば良いというわけではありませんので、あしからず😓