高級スーツを着れない理由は◯◯◯◯⁉️

あなたは、高級スーツというと、どんなブランドを思い浮かべるでしょうか?

僕は一つも思い浮かべることができません😓

なぜなら、

“高級スーツアレルギー”

だからです😓

というと、誤解を受けそうなので、フォローしておくと、実は、僕、羊毛アレルギーな人なのです💦

「それと高級スーツに、何の関係あるの❓」

と、あなたは思われるかもしれません。

そんなあなたに問いましょう、

「高級スーツに使われている素材といえば、何ですか❓」

答え:羊毛100%

「詰んだ…(遠い目)」

それがアルパカだろうと羊だろうと、着れないものは切れないんです😭😭😭

この話をすると、よく、店員さんから、

「直接肌に触れる部分には、羊毛は使ってませんから💦」

とのお言葉をいただきますが、ハッキリ言って、何のフォローにもなっていません😥

なぜなら、着用して動けば、表面の小さな毛は大気中に舞い、それを呼吸器で吸い込むことで、アレルギー症状に繋がるからです😓

触れなければ良いという問題ではない辺りが厄介なところなのです💦

付け加えるなら、袖口の部分は、どうしても、手首に接触するため、結局、NG🙅‍♂️

かつて、公務員だったときも、1週間くらいは、頑張れば着れるけど、それ以上は、確実に体に症状が出るため、

「二着で◯万円、替えズボン付き🌟」

みたいな、羊毛成分50%以内くらいの商品しか、物理的に着れないのが、切なかったところで…

まぁ、これの良いところは、高級スーツを欲しいとも思わないので、無駄な出費が省けることでしょう。

芳しくないところは、冬場に着れるものが限られること😓

よく、ニットのセーターとかが絶対似合いますよ❗️と力強く言われるんですが、

「着れないものは着れないんですッ‼️」

と😭😭😭

オシャレ感を求めば求めるほどに、冬物はシンドさが増すのは、本当に、なんだかなぁ…と思うわけで。

しかし、ここで、世は、ポスト平成の時代へ。

皆が良いというものがウケる時代から、「パーソナル・ブランディング」のファッションに注目が集まる世の中がやってくるのです🌟

これまでも、価値観の多様化に合わせた、個人向けのパーソナルアドバイザー的なことをお仕事にされている方はいらっしゃったと思いますが、それが、いよいよ、一つの職種として成り立つ時代へ。

要は、個人事業主が、個別に、パーソナル・ブランディング(ファッション)アドバイザーを付けるのが当たり前になってくる…と🌟

そして、そこには、「共感力」と「同情心」のキーワードがもりこまれるため、僕のような、アレルギーがあって、高級スーツがダメな人でも、こうしたアレンジや着こなしがあれば、ビジネス向きなオシャレ感が出せます…的なサービスが、きっと生まれるはず✨

あるいは、服の素材のデータベース化を図り、自身のアレルギーの調査結果との照合により、どんなブランドのものをどこで買えばよいかがわかるシステム…とか🧐

ポスト平成時代は、顧客リストを用いた繋がりの部分も、より、クライアントとの密接な関係性が、収益に繋がっていくところでもあるため、個に特化したブランディングに繋がるサービスは、僕の中では、注目株だったりします🌟

というか、切実に求めてます‼️(優良顧客がここに一名…)

あなたがお相手する方が、どんな悩みを抱えていて、どう解決の道筋をつけてあげられるのか❓

どんなビジネスでも、基本になる部分ですが、今後は、「世の中の多くの人の悩み」ではなく、「その人自身の悩み」にどこまで寄り添えるかが、一つの突破口になっていくのが、ポスト平成のホロスコープが示す傾向です✨

ピンときた方は、ぜひ、新しい時代に見合うサービス、作り上げていっていただければと思います🌟

ちなみに、この話、「2019年の強運日を掴め」講座の資料作りをしてるときに、ふと思いついて、記事にしたものです。

この講座では、時代がどのように移り変わるのかの解説に加え、各業種別の「ここがポイント」も解説いたします。

自分の業種の気になる今後の展望と、着目点、ぜひ、講座の中で、ご確認いただければと🌟

講座のにはまだ若干名の枠がありますので、お申し込みはお早めに‼️

※お申し込みは、こちらから。

決意が促される強運日🌟

本日、2019年1月22日は、西洋占星術にいう、「火のグランドトライン」の真っ只中に当たる日🔥

即ち、あなたの「意志」を固めるのに適した強運日になります💫

「2019年のあなたの野望は、何ですか❓」

ずっとやりたいと思っていたこと、ちょうど今、気になっていること、思い切ってやめるかどうか悩んでいること…

自分の心根と、真摯に向き合った上で、「所信表明」をするのに、ベストな一日となります🌟

僕は、今年は、対面鑑定だけでなく、電話鑑定や、メール鑑定も充実させながら、より多くの人に、「明日へと踏み出す勇気」を届けにいく…というのを、決意したところです✨

そのための一つの方策として、先日応募した「LINEトーク占い」事務局に提出する、職務経歴書を書き上げ、先ほど、先方に送り込んだところです📩

結果はどうあれ、「宣言」と「行動」は、力強く、世の中に発信されていく日であるため、LINEトーク占い🔯に限らず、売り込んでいける芽があるところには、今後も、積極的に仕掛けていきたいなと😎

あなたは、今日この日に、何を決意し、行動に繋げていきますか⁉️

Googleカレンダーに、ボイドタイムの追加機能が⁉️

先日、たまたま知ったのですが、西洋占星術にいう、「ボイドタイム」、なんと、Googleカレンダーで表示できるという⁉️

こちらのページの右下の「+」ボタンで追加できます♪

そもそも、ボイドタイムとは…という話ですが、一般には、「月」が他の惑星からの刺激や援助を受けられなくなる、「空白の時間帯」、ムーン・ボイドタイムを指します。

この時間帯に決断して始めたことは、予想外の結果になることが多く、何か物を買ったり、契約者にサインしたりするのは、避けた方が良い時間帯とされています😌

一方で、無意識が活性化するときでもあり、真夜中にこの時間帯が訪れるなら、そのとき見た夢は、自身が普段、無意識に感じていることを反映しているため、夢判断に適しているとも言われています。

また、会議をしても、話がまとまりにくい反面、活発な意見交換がなされる傾向もあるため、アイデア出しの打ち合わせには良いところだったりします☺️

2日に1回くらいのペースで訪れるので、日常生活で、完全に避けるのは難しいのですが、「意識的に」その時間帯を認識すれば、不慮なトラブル回避率も高まるところ😉

ちなみに、僕は、太陽星座(いわゆる、星占いに言う、あなたの星座)が魚座♓️なので、もろに、無意識の世界と繋がりが深いので、ボイドタイムの影響を受けやすかったりします😓

今までは、ボイドタイムが記載されたカレンダーを活用していたのですが、今後は、アプリのカレンダーが使えるので、ボイドタイム中の不慮な出来事の未然防止に活用していきたいところです🌟

あなたのその決断、ボイドタイムの影響、受けていませんか❓

さそり座♏️は…刺すのが本能⁉️

新年会シーズンも落ち着いてきた昨今ですが、先日、ちょうど、1年前の新年会で鑑定した女性が、彼氏を連れて、「今後の相談」に来てくれました✨

この女性のユニークなところは、春夏秋冬理論では「秋生まれ🍁」で、かなり風変わりな要素を持っているはずなのに、ホロスコープでは、堅実で手堅い要素がメイン属性💪

ゆえに、秋生まれにしては、大変珍しい(?)、地球のルールに適合できる常識人だったのです🌟

※通常、「秋生まれ」に当たる人は、この星の常識に息苦しさを感じて、「自分の居心地の良い場所は、自分で作らないと‼️」と、気づいてから、人生が始まるタイプなのですが😓

そして、九星気学では、「二黒土星」に当たり、本来、恋愛ごとは、自分主導で動かすのが苦手系な要素がありながらも、お名前の直感行動型100%の要素で、それをカバー❣️

持っている苦手分野を、多彩な要素でカバーしながら、然るべきタイミングに動いて、自ら彼氏をゲットしてきた辺りは流石だなと🌟

そして、秋生まれとは、本来、恋多き女性💕

結婚しても、特定のパートナーには縛られない自由奔放さがあるのですが、彼女の場合、月星座にさそり座♏️を持っているため、結婚後の生活では、特定のパートナーとの結びつきに居心地の良さを感じることができるという⁉️

※月星座は、パートナーとの家庭生活で出てくる、素の部分。星占いの「(太陽)星座」の部分からは見えない部分に当たるため、結婚後に幻滅する理由とかも、この辺りに要因があることが多いため、要チェック項目😉

ここで、少し補足しておくと、

「さそり座♏️は…刺すんです‼️」

用心深く、相手を見極めた上で、懐に入れた対象をとことん徹底的に愛し抜くタイプ。

それゆえにこそ、浮気のような裏切り行為は”絶対に許せない”タイプなのです💦

愛情の深さゆえの毒針…的な要素を持つ、取り扱い厳重注意者なため、太陽星座か、月星座にさそり座♏️を持つ人のパートナーには、相手方にも、ホロスコープの要素にさそり座♏️を持ち、その深い愛情を受け止める器があるのが好ましいところ💦

すると、なんとその彼女、相手方の男性に、月星座さそり座♏️を持つ人を、ちゃっかり選んできていたという⁉️

運気のサイクルがノッテルときに動くって、そういうことなんだなぁ…と、しみじみと実感☺️

付け加えていうなら、お互いの気力のバイオリズム的にも、今年、きちんと、結婚に向けた段取りを整えることが、人生設計で大事🌟

お互いのバイオリズムがそう言っている中、しっかりその意思を固めてもらうべく、彼氏連れで鑑定にやってきた彼女…

「幸せになってください‼️」

それだけの要素が整っているのなら、あとは、二人の背中を押してあげることくらいしか、できることはありません😓

…と、ここまでは、「相性」の話だったんですが、実は、この話には続きがあり…

その彼氏さん、太陽星座に、射手座♐️をお持ちだったので、

「海外で仕事したいと考えてますか❓」

と聞くと、これがまた、ドンピシャで、将来的な検討事項としていたことが判明✨

「あぁ、それなら、英会話とか、今のうちに習っておいた方が…」

という話をして、青ざめる彼女😱😱😱

そう、実は、彼女、ホロスコープでは、コミュニケーションを司る星の支援が入っておらず、かつ、地に足をついた堅実さがメイン属性。

そこに、手堅さ満点の二黒土星がくっつくと、ガッツリ、この地に根を生やしていて、海外なんて行きたいとも思わないタイプだったのです😥

そして、新しい言語を習得するのにも、苦手意識を持つタイプ…と聞いて、今度は、青ざめる彼氏😓

「まぁ、なんだ…幸せになってください‼️」

ある意味、今、わかっておいて良かったところなんだろうなと🤔

さきのさそり座♏️の話で言うなら、転勤することになっても、どこまでも付いていくタイプなので、ある意味、知らずに結婚生活を送ってから、その話が出てくると、大変だっただろうなと…😥

幸いなことに、コミュニケーション能力に補正値を加える名前の音だまをお持ちの彼女なので、今のうちに、地道に積み上げておけば、「いざ、そのとき」が来ても大丈夫🙆‍♂️

それが何年後の世界の話になるかはさておき、いつの日か、

「啓心さんがそんなこと言ってたよね…」

と、この話を思い出し、目の前の現実に、ご夫婦できちんと向き合っていけることを願うばかりです😉

ちなみに、その彼女からは、

「子どもの名前をつけるときには、相談にのってほしいので、それまでは占い師🔯を続けててくださいね‼️」

と、念を押されました💦

向こう5年間くらいは、この生活を続ける予定なので、大丈夫でしょう👌

このように、人の在りようは、一つの切り口だけでは、見えてこない部分が沢山あるものです。

一つ一つの要素を紐解いて、起こりうる事象への、傾向と対策を予め知っておくと、関係性の長続きに、大きなアドバンテージを得ることができます🌟

今、気になっている方がいるという、そこのあなた‼️

一度、その相手との折り合いのつけ方、知っておいてはいかがでしょうか?

鑑定のご用命は、こちらから。

占い結果を素直に受け取れないタイプとは❓

最近、気付いたのですが、占い結果を聞いて、素直に受け入れられないタイプには、一つの傾向が⁉️

西洋占星術のホロスコープの中で、太陽星座(いわゆる星占いにいう、あなたの星座)、または、水星星座に、双子座♊️か、水瓶座♒️を持つ人というのが、それに当たります。

双子座♊️や水瓶座♒️は、コミュニケーション能力や理性を司り、太陽星座は、人生のメインの生き方、水星星座は、情報の収集と把握を司る部分になります。

上記の要素を持つ人を、分かりやすく例えるなら、占い師さんから言われたことで、自分ごととして捉えられることには、うんうん頷きながら聞くものの、そのときの自分に、一ミリでもそぐわないことがあると、「反論」してくるタイプ👊

「自分はこういう人間である」という、定義の部分が強すぎて、今の自分のあり方と理屈にそぐわないことを言われると、受け止められない…ってな感じです😓

それが良いとか悪いとか言う話ではなく、このタイプの人の場合、最初から自分にとって、耳ざわりの良いことしか聞こえておらず、また、人から言われて変わるタイプでもないため、

「参考程度に知っておいても良いことでは❓」

程度に留めておけばよい話なのだな…というのが、最近の気づきです。

とはいえ、「自分はこうある」と意識している自分と、本質的な自分の姿というのは、必ずしも一致するものではないので、長い人生を生きていれば、「ブレ」が生じるものです💦

そうした出来事に出くわしたときに、初めて、自分ごととして気づかされ、セルフイメージのアップデートがなされるというのも、このタイプの傾向ということが、最近の観察で見えてきたところです。

もともと、双子座♊️の場合は、占いに興味はあるものの、図星を突かれ、自分の価値観がひっくり返されるような出来事を嫌うため、自分なりに理論武装して、守りを固めるタイプ。

水瓶座♒️は、自分の個性を否定されるのを嫌うので、人の意見には、参考程度にしか耳を傾けないタイプ。

言葉を尽くして話したところで、通じる相手でもないので、僕の場合は、

「アンカーを打っておく」

という意識で接するようにしています🔩

いつか、何かの機会に、気づくことがあったなら、思い出して噛み締めてほしい言葉を、記憶に刻んでおく…みたいな感じですね😉

ただ、そうして考えると、同じくコミュニケーションと理性を司る、天秤座♎️の人の場合って、どうなんだろう?というのが、最近の研究テーマ。

不思議と、僕のクライアントさんに、天秤座♎️を、太陽星座や水星星座に持っている人がいないため、データ不足…😓

いずれ、機会があれば、検証してみたいなと✨

余談ですが、ホロスコープの中に、蠍座♏️があると、もれなく、占いの世界は気になってしまうタイプです。

この場合は、独学で深めた知識で理論武装してくる感じですね🌟(結局、戦うんだ…的な😓)

公務員、辞めたってよ‼️

僕が、公務員を辞めて占い師になったのは、周囲の人には、周知の事実なのですが、まだまだ、世の中ではイレギュラーな存在らしく、

「…えっ⁉️聞こえなかったので、もう一度、言ってもらえませんか❓」

先日は、その言葉を3度繰り返されて、ようやく伝わりました💦

※僕の滑舌がどうこうというよりも、相手の脳内変換が追いついていなかったと言った方が正しいところです😥

平成の時代が終わり、この5月からは新しい元号へ…という節目の中で、この事案を改めて考察してみるなら、

“ほんの少しだけフライングスタートしただけ”

なのです。

『2019年秘密のCD』という、知る人ぞ知るレアアイテムの中でも語られていますが、平成とポスト平成の決定的な違いの一つは、こうした行動が、むしろ、普通のこととして受け止められる時代になっていくという点。

平成の時代を、

「皆で一致団結して、同じ目標に向かって頑張ろう‼️」

がスローガンだったとするなら、ポスト平成の時代は、

「そんなに今の仕事が嫌なら、辞めて新しい道を進めばいいじゃん‼️」

という感じです。

世の中をより素敵なものにしていくために、皆で頑張ろう!の価値観は、平成時代から継続しつつも、一つの職種や場所にはとらわれない、柔軟な発想と捉え方で、自らの道を選んでいけるのが、ポスト平成時代を生きる人の特権😉

言うなれば、

「社畜❓何それ❓❓美味しいの⁉️」

な価値観を生きる世界であり、

“公務員さえも、一つの肩書きにすぎない”

というのが、「そんなの珍しくもなんともない話だよね✨」と言われるようになって久しい時代。

拡大と幸運を司る木星が、自由と探究心を持つ生き方を応援する射手座♐️で見守る…そんなホロスコープを持つ、ポスト平成時代を、僕は、ほんの少しだけ、先取りしたに過ぎないのです。

むしろ、こうした形の動き方が、「共感✨」を生む時代に向けたモデルケースになるとともに、そんな動き方を阻もうとするであろう、平成以前の古い価値観の人たちの「防波堤」となることが、今、掲げているミッションだったりします。

僕の「占い」の矜持は、

「自分ごととして実証できないものなら、人に伝える価値はなし」

新しい時代の息吹と鼓動、この身をもって体現し、伝えていける存在になりたいものだと、切に思うこの頃です🌟

さて、こうした時代の転換点を迎える中で、数年後には、

「せっかく公務員になったのに、3ヶ月で辞めてきちゃって…」

なご相談が、世の中の親から、多く寄せられるようになるでしょう。

そのとき、あなたが、占い師だったなら、自らの”旧世代”価値観のジャッジを挟まずに、その子の未来を卜することができるでしょうか?

「公務員を辞めて、占い師になったんです」

という言葉を聞いて、今、あなたが、違和感を感じるならば、今一度、反芻して、ポスト平成時代を、先んじて味わってみてはいかがでしょうか?

蠍座男子♏️は占い好き⁉️

付き合い始めた男性との相性鑑定の依頼を請け負うときに、よく耳にするのが、

「この話を彼氏にも聞かせたい‼️」

という、切なる想い💘

関係を深める秘訣や、長続きするための留意事項、どちらがイニシアチブを握れば良いか、結婚の意思を固めるのはいつ頃が良いのか…等々。

名前と生年月日がわかるだけで、二人の今後の展開について、実に様々なことが見えてきます。

そして、それらの情報は、女性側だけが持っているのではなく、パートナーとなる男性側も理解しておくことで、本当の意味で生かせる知見に✨

ただ、ここで、

「占いに一緒に行こうって誘っても、来てくれなさそう…」

と、躊躇する女性が多かったりします💦

この辺りは、日本で占いというと、「当たるも八卦当たらぬも八卦」の印象が強いのが、良くも悪くも作用しているところなのでしょう😓

そんなときには、相手方の「ホロスコープ」に目を通し、「蠍座♏️」要素が入っていないかを、チェックしてみてください‼️

「ホロスコープ」というと、難しそうに聞こえますが、昨今では、無料サイトで生年月日を入力するだけで、手軽に算出できます🌟

【参考サイト】メトロポリタン占星学研究館

※今回は、簡易的に調べるだけなので、出生時刻がわからない場合は「不明」、出生場所がわからないときは「都道府県」を選択すれば🆗。

ホロスコープの詳しい見方は、またの機会に譲るとして、今回、見るべきポイントは、太陽から冥王星までの10個の天体に、「蠍座♏️」が含まれているか否かについて。

ここに蠍座要素を1つでも見出すことができるなら、相手の男性には、「表面的なことよりも、物事の本質的なところを知りたい」という欲求が備わっていることを意味します。

要は、その欲求ゆえに、自己啓発やスピリチュアルな世界に関心があり、占いにも興味ありなところがあるというわけです🔯

複数の蠍座♏️持ちであれば、かなりの確率で食いついてきます😉

彼氏に占いで得た知見をシェアすることに、二の足を踏んでいる女性におかれましては、ぜひ、この要素を勘案の上、思い切って話してみるか否かを検討してみていただければと思います。

2019年は、射手座の方に朗報な年ですよ♐️

西洋占星術では、約12年で、12星座をひと巡りする木星を幸運の星としています。

そんな木星が回座している星座が、自身の太陽星座(いわゆる星占いにいう自分の星座)と一致する年は、12年に一度の幸運期の到来を意味します💫

2019年(厳密には2018年11月8日から2019年12月2日まで)は、射手座♐️の方が、その幸運期に🌟

これまでに温めてきたプランや、地道にやり続けてきたことがあるなら、まさに、今年が、「当てる」年🎯

奇しくも、2019年の星の配置は、現実世界での「実現」を司る、山羊座♑️が、力強い存在感を示す中、射手座にある木星は、自由で柔軟な発想での展開を支援してくれる関係にあります🤝

これまで、”世間の常識”に縛られ、不自由さを感じながら生きてきた人にこそ、ようやく、世の中が、あなたのやってきたことに目を向けてくれる流れがきたことを、肌身に感じることができます💕

あなたに、積み重ね、磨きをかけてきた専門分野があるなら、声高らかに、その取組を打ち出し、展開していきましょう‼️

そして、それをスムーズに執り行う秘訣は、異業種の専門家(プロフェッショナル)とのコラボにあります😉

あなたが培ってきたものは、どのような人とコラボレーションの可能性があるでしょうか?

それを考える上で、山羊座♑️の影響力が強い2019年は、伝統的な日本の価値あるものに目を向けてみると良いところ。

郷土料理や伝統工芸、芸能など、古き良き日本の文化🇯🇵

そこで活躍する、こだわりの人との間で、あなたの専門性を生かしたコラボの余地はないでしょうか?

古くから存在するものでありながらも、現代風の新しい観点や魅せ方で、再び日の目を浴びせるキッカケとなる「何か」を、あなたが持っていたなら、仕掛けるのは、いつですか?

「今でしょ‼️」

「実現」の後押しある星廻りの年にあって、自由な発想と探究心を遺憾なく発揮できる、2019年。

射手座♐️の皆様におかれましては、ぜひとも、「当てる」年になることを、心より祈念申し上げます。

2019年と秘密のCD

毎年、年の瀬迫る、ある時期限定で、プレミアムな強運日が記載された、「開運カレンダー」が発売されるのをご存知ですか?

そのカレンダーには、翌年の世の中の流れを感じさせる、春夏秋冬理論の監修者二人による対談が収録された「秘密のCD」が付いてきます。

本来は、経営者向けに、来年の展望にむけたインスパイアを得てもらうのが、主たる目的となるCDなのですが、一般の人が聴いても、フムフムと、時勢を先取りした観点を満喫することができます。

元号が変わる2019年は、ホロスコープ(天体図)も特徴的な傾向を示し、日本も、新しい展開が期待される年になるようです。

平成の世をにぎわわせた、FacebookやAmazon、GoogleにInstagram、iPhone…

日本が「ブランド」として世界に発信できるコンテンツが”不在”となって久しい感のあった平成ですが、そんな中、地道に温めてきたものが、ついに日の目をみるのが、新元号から始まる日本の流れなのだそうな。

それはもちろん、個人としても、スポットライトを浴び得る可能性があるということ。

「元号に歴史あり」と言われるように、西暦とは異なる、その国の中で培われてきた元号(和暦)には、それぞれに時代の世相が現れるものです。

あなたに、もしも、平成の世にあって、温め続けてきたコンテンツがあるなら、いよいよ、一発当てる風向きが来ています。

いつ、どこで、何をしなければいけないのかを知りたい方は、1月開催の「強運日を掴め!」講座、ぜひ、ご参加いただければと♪

さて、あなたは、2019年をどんな1年にしていけたら、最高ですか?

ボイド・タイムの新常識

ボイド・タイムというのを聞いたことがあるでしょうか?

無意識を象徴する月が、地球以外の惑星から影響を受けない(アスペクトを形成しない)ときのことを、特に、ムーンボイド・タイムと呼んだりしますが、2日に1回ほど訪れる、この時間帯に決断したこと、行動し始めたことは、予想外の結果に終わることが多いため、可能なら、決断・決定は先送りにした方がよいと言われています。

一般には、あまり良いイメージのないところですが、実は、このムーンボイド・タイム、無意識が解放される時間帯と捉えると、この時間帯に見る夢は、他の影響を受けない、純粋に無意識とコンタクトした夢…と捉えることができます。

あなたは、朝、目を覚ましたとき、普段は見ないような、とても不思議な夢を見た経験はないでしょうか?

もしかしたら、そこには、あなたの潜在意識の奥深くにある、「何か」が感覚的に表現された、大事な示唆があるのかもしれません。

たかが夢、されど、夢。

深夜から明け方にかけてのボイドタイムのときには、どんな夢を見たか、メモしておく習慣をつけておくとよいかもしれません。

―「その夢が伝えるメッセージは、何ですか?」

 

↓ボイド・タイムがいつ訪れるかを知りたいあなたには、こちらの書籍がお勧めです。